糖尿病 病院

糖尿病が疑われる場合にどんな病院を選べばよいか

通常病気になって病院に行こうという場合、先ずは行き付けの病院を選びますが、あまり病院に縁の無かった場合には近所や知り合いに相談して良さそうな所を聞いて判断している人が多いのではないでしょうか。この場合特に重要な判断材料として病院のネームバリューよりもそれぞれの医師の評判を重視するのが普通です。しかし糖尿病という特定の病気の場合には必ずしも近所に良い医師がいるとは限りませんから、なかなか評判でと言うわけにも行かず、病院を探すのに困っているような人もいるのではないでしょうか。

そこで病院を絞り込むのに利用したい指標として2つあります。まず1つ目はその病院に糖尿病内科があるかということです。糖尿病内科があるということは、少なくともその病院では糖尿病の治療に力を入れていると言うことになります。ただし、この糖尿病内科と言うのは最近になって掲げられるようになったため、これが無いからと言って糖尿病に熱心ではないと言う評価はできません。あくまでも指標と言うことで探してみてください。

2つ目は日本糖尿病学会の認定する糖尿病専門医のいる病院です。この専門医がいる場合には糖尿病内科を掲げていなくても専門性を生かして診察を受けることができるはずです。この糖尿病専門医の有無はなかなか外から見つけにくいですから、インターネット上で検索できるようになっていますので利用してみてください。ただし、当然ですが糖尿病専門が患者が求めるいわゆる名医かどうかと言う保証はありません。また糖尿病専門医の認定基準は満たしていなくても糖尿病の名医は存在します。

糖尿病はほとんどの場合完治は見込めませんので、一生のお付き合いになる可能性も有ります。そのためおかしな医者に当たらないように慎重に選ばなければなりません。めがねにかなった医師を見つけたら、インターネットなどを利用して評判を調べてみることをお勧めします。また将来にわたって通院する可能性がありますので、年を取ってからでもできるだけ通い易い場所と言うことも重要なポイントになることを忘れないようにしましょう。

ただし、最も良いのは、日頃から相談できる主治医を作っておくことです。ちょっとした風邪でも我慢するのではなく、医師に見てもらうようにして、信頼できる主治医を作り、糖尿病の場合にも、まずはその医師に診てもらうのが一番です。たとえ糖尿病が専門ではなくても、あなたの体のことはどの医師よりも良く知っているはずです。必要があればその医師の判断により、病歴も添えて紹介してもらえるはずです。このように主治医は絶対に必要な存在です。