糖尿病とは

最近良く聞く糖尿病ってどんな病気

糖尿病は以前から良く知られた病気でしたが、飽食の時代を迎えて生活習慣が原因の病気が注目されるようになり、メタボリックシンドロームという言葉が流行るようになりました。国でもこのような状況を憂慮しメタボ検診が開始されて、糖尿病は誰もが気になる病気になってきました。しかし実際には糖尿病は生活習慣だけでなく、様々な原因で発症する病気でメタボ体型では無い人でも安心していて良いと言うことでは有りません。まずは糖尿病がどういうものか理解しておきましょう。

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が通常の人に比べて異常に高い値を示す病気です。血糖値を高くする原因は様々なものが有りますので一概に糖尿病といっても、いろいろなタイプが存在し、症状は似ていますが、それぞれがまったく違う病気だと考えた方が分かり易いのではないでしょうか。

1つ目の1型糖尿病は膵臓のランゲルハンス島にあるインスリンを分泌するβ細胞が主に自分の免疫細胞に攻撃されて死滅することから発症します。この発症には生活習慣は関与していないと考えられ、食事療法や運動療法では改善しません。多くの場合10代で発症し、通常インスリン注射など強い治療を行う必要が有ります。

次は2型糖尿病と呼ばれるもので、糖尿病と言ったら通常はこのタイプを指します。生活習慣が大きく関与しており、カロリーの取りすぎや運動不足が原因では無いかといわれています。治療としては食事療法や運動療法などの生活習慣の改善から始まり、症状が悪化するにしたがって、薬物療法も行われるようになります。この1型糖尿病と2型糖尿病は未だに完全には原因が解明された訳ではありません。

これに対して原因が分かっているものとしては遺伝子の機能異常によって発症するものが有ります。これには異常となっている遺伝子によって若年発症成人型糖尿病、ミトコンドリア遺伝子異常、インスリン受容体異常症、インスリン自体の遺伝子異常があり、診断のためにはゲノムやミトコンドリアのDNA検査が必要になります。

次に他の病気によって糖尿病の引き金が引かれるタイプが有ります。これらの病気の主なものとしてはグルカゴン産生腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、成長ホルモン産生腫瘍、肝硬変、慢性膵炎、膵癌、筋緊張性ジストロフィーなどがあります。どれもあまり罹りたくない病気です。

さらに2型糖尿病以外ではたまに名前を聞くことがある妊娠糖尿病というタイプがあります。これは妊娠中だけに発症する糖尿病で、妊娠中のホルモンの異状が主な原因となっていて、ハイリスク妊娠の1つに挙げられています。

1型糖尿病と2型糖尿病はどこが違うのでしょうか