糖尿病 診断

糖尿病はどのように確定診断が下されるのか

食糧事情が良いせいか糖尿病は今や国民病と言われるほど増えています。だいたいの傾向としてはメタボ体型といわれる人に多いといえますが、中にはどう見ても痩せている人も糖尿病と診断される人がいます。どうもイメージ先行で糖尿病と言うのは漠然と血糖値が高くなった状態だという程度の知識はあっても、実際に糖尿病と診断される確定診断はどのように行われるものかと言うことを知っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

日本における糖尿病の診断基準は2010年に日本糖尿病学会が施行したものが基本になっています。従来糖尿病は血糖値の値を基にして診断されていましたが、これに加える形でヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準も示されています。この基準は血糖値に依存するヘモグロビンA1cのヘモグロビンに対する割合で表されます。これは過去1ヶ月~2ヶ月の血糖値の指標として用いることができます。健康診断などでは血液検査を行うとこの血糖値とヘモグロミンA1cの値が出されますので見てみてください。

血糖値の基準ですが、血糖値にもいろいろとあります。1つ目が空腹時血糖と呼ばれるもので9時間以上絶食したときの血糖値を表します。もう1つは随時血糖値と呼ばれるもので、食事との関連を考慮せず普通は食後xx時間と付記されます。基準値は空腹時血糖の場合126mg/dl以上、随時血糖値の場合200mg/dl以上となっています。たとえば定期健康診断の場合空腹時に行われるのが普通ですので空腹時血糖で126mg/dl以上の場合に再検査となります。

次にヘモグロビンA1cの基準としては、困ったことに日本糖尿病学会が標準化したJDSと米国が標準化し国際標準になっているNGSPの2つがあります。臨床検査ではNGSPが使われることになりましたが、特定健診(いわゆるメタボ検診)ではJDSが使われることになっていて、基準値はNGSPの場合で6.5%以上、JDSの場合で6.1%以上となり食い違いが生じています。この場合は再度NGSPに標準化しなおして統一してはどうかと考えます。

糖尿病は先ず1回目で血糖値とモグロビンA1cの両方が基準値以上となった場合、および血糖値が基準値を上回り、かつ口の渇きや多尿などの糖尿病に見られる症状がある場合と1回目で血糖値が基準を上回っていた場合で2回目に糖尿病とヘモグロビンA1cの少なくとも一方が基準値を上回った場合、あるいは1回目でヘモグロビンA1cが基準値を上回った場合で、2回目に血糖値が基準値を上回った場合に診断されます。

これらの検査で糖尿病と診断されなかった場合でも、血糖値あるいはヘモグロビンA1cの基準値が上回っていた場合には糖尿病疑いとされ要再検査となります。