糖尿病 早期発見

糖尿病を早期に発見するためにはどうすればよいか

糖尿病に限らず、病気は早期発見・早期治療が早く完治出来る最も良い方法だといわれます。多くの病気はまず初期に出るといわれる自覚症状を捉えるのが普通ですか、糖尿病では初期の頃は自覚症状が無くなかなか早期発見が出来ません。またたとえ自覚症状があったとしても、それを怖い病気に結び付けて考えることはなかなかできることでは有りません。いろいろ考えるよりもこういう症状が出ているときは何々が疑われるというように機械的に考えるほうが良いのかもしれません。

それでは糖尿病の場合どのような症状を捉えればよいのでしょうか。糖尿病患者に聞き取り調査をしてみると、あくまで後から考えるとということになりますが、疲れやすい、手足にの痺れを感じる、便秘などを感じることがあると言っています。しかしこれを病気と結びつけて考えるのは素人には難しい話です。少し進行すると喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどが現れ始めます。これらの症状になると多くの人は気付くようです。

しかしこれを病気と結びつける人はまだ多くはなく、ちょっと最近おかしいなくらいにしか思いません。しかし糖尿病の場合これ以上症状が進行してしまうと合併症も現れてくるため、自覚症状で早期発見を考える場合にはこの時点で病院に行くことが重要です。ですから最近ちょっとおかしいなと思ったら、糖尿病かどうかはともかく一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。何もなけれが、良かったねで済ませばよいのですから、とにかく検査だけでもしてみてください。

自分は鈍感でとてもその程度の自覚症状では気がつかないという人は、自力で早期発見につなげることは無理です。そのため早期発見を期すには、定期的な検査しか有りません。幸い日本においては職場や自治体が毎年定期健康診断を実施しており糖尿病についての検査項目も入っています。また40歳以上の場合には特定検診(通称メタボ検診)が行われています。そんなものは受けに行ったことが無いという人は今年からでも行くようにしてください。

どうしても行きたくない、行けないという人は、自宅で自分でできる検査キットが販売されていますのでそれを使う手は有ります。また数年に1回は人間ドックを受けることお勧めします。定期健康診断では掴みきれない病気の兆候も見つけられます。こういった検査でもし糖尿病が疑われるという結果が出たら、すぐに病院に行って、確定診断を受けるようにしましょう。これで極初期というのは無理でも早期発見できるようになるはずです。