痛風と糖尿病

痛風患者は糖尿病発症にも目を配りましょう

痛風も糖尿病も生活習慣病と言われますが、何らかの関連性が有るのか或いは関連性は無くそれぞれ異なった生活習慣が関連しているのか、良く分からないという人は多いと思いますし、痛風の人は糖尿病にも気をつけたほうが良いのか、また逆に糖尿病の人は通風にも気をつけないければならないのかと気になっている人も非常に多いはずです。この2つの関係を正しく理解して、生活習慣の改善を図り、発症を食い止められるようにしましょう。

痛風と糖尿病は症状はぜんぜん違いますが、実は同じような生活習慣であるカロリーの取りすぎによる肥満、運動不足、お酒の飲みすぎ、ストレスなどが関係しており、同じように動脈硬化や腎症といった合併症を引き起こします。この2つの違いは糖尿病は血糖値が上昇すること、痛風は尿酸値が上昇することです。したがって痛風と糖尿病の両方を発症してしまった場合、腎臓への悪影響や動脈硬化が相乗的に進行することも考えられ、極めて危険だと言えるでしょう。

したがって痛風患者は糖尿病を併発しないように、痛風と診断されたら、糖尿病対策も始めなければなりません。また逆に糖尿病患者は痛風対策を考える必要が有ります。原因となる生活習慣が似通っている以上、どちらかの発症は対策を怠れば、もう一方の発症にも繋がる可能性が高いということをよく憶えておきましょう。どちらかを発症してしまったら医師の指示に従って、他方の発症が無いようしっかり治療を進めてください。

痛風と糖尿病は、通常企業や自治体で行われている定期健診で検査してもらえますし、検査が怖い人のためには自分で自宅で行える検査キットが発売になっていますので、こういうものも利用してみてください。またこれだけではなく生活習慣に根ざす様々な成人病を早期発見するためには、数年に1度でも良いので人間ドックを受けてみることも必要です。特に40歳以上になると誰でも何かしら不具合が出てくるものですから、ぜひ受けに行ってみて下さい。

そしてもし痛風なり糖尿病と検査結果が出たら、躊躇しないで病院で診察を受けてください。早期発見・早期治療が行えれば他方の発症を押さえ込める可能性も高くなりますし、たとえ両方発症してしまっているとしても、合併症が出てこないうちに押さえ込める可能性が出てきます。一番いけないのは放置することです。せっかく病気を見つけられたのに放置してしまっては何にもなりません。痛風も糖尿病も前記のように相乗効果を発揮して進行していくでしょう。

高血圧は糖尿病発症の可能性が高まります