高血圧と糖尿病の関係

高血圧は糖尿病発症の可能性が高まります

高血圧も糖尿病と同じく生活習慣病と言われます。したがって両方とも生活習慣の乱れが発症の大きな原因と考えられます。ということは高血圧あるいは糖尿病を発症すると他方も発症してしまう可能性が有るのでしょうか。実はこの2つは相互に合併症として挙げられるほど関連があり、両方とも発症してしまう可能性は大変高いといわれています。ですからどちらかを発症してしまった場合には、全力で他方の発症を阻止する努力が必要です。

糖尿病患者から見るとその約6割は高血圧だという統計が有ります。したがって例えば高血圧の人が糖尿病を、糖尿病の人が高血圧をそれぞれ発症する可能性が高いことは容易に想像されます。考えられる原因としては血糖値が高い場合、細胞の浸透圧が高くなって水分が出るため腎臓での吸収が増えて血液が増え血圧が上昇していきます。したがって血糖値と血圧がほぼ同時に進行して、どちらが先に病的になるかの違いだけで、両方とも悪化して行っていることに変りは有りません。

治療として先ず挙げられるのはやはり食事療法と運動療法です。高血圧と糖尿病患者の多くで共通しているのは肥満傾向に有るということで、この2つが有効になりますが、とくに高血圧も有る場合には糖尿病単独の場合と違って、塩分を抑えることも必要になります。食事で塩分を抑え、運動で汗と共に塩分を排出することで高血圧に有効な治療となります。医師の指示に従ってこの2つの治療を実行すれば、高血圧にも糖尿病にも効果が見込めます。

糖尿病も高血圧も自覚症状が乏しいため、かなり進行してから病院に来て、驚く人も珍しく有りませんが、そういった場合、すでにかなり症状は進行してしまっている場合が多く、薬剤に頼らざるを得ない人もいます。こういうことを避けるためには、少なくとも年に1回はそれぞれ検査をしてみる必要があります。職場や自治体で行われる定期健康診断は通常これ等の検査を含んでいるのでちょうど良いはずです。もしそういうところへは行きたくないという人は血圧計と糖尿病検査キットを用意して自分で検査してみましょう。

そしてもし少なくともどちらかが異常値を示したら、今度は行きたくない等と言っている場合ではありませんので、躊躇していないですぐに病院に行って確定診断してもらうことが必要です。不幸にして異常が分かった場合には、すぐに治療を始めましょう。他方を併発しないように、あるいはそれ以上に進行しないように、医師の指示に従って治療をしなければなりません。最も悪いのは検査結果を無視して放置してしまうことです。絶対にやめましょう。

痛風患者は糖尿病発症にも目を配りましょう