糖尿病 初期症状

早期発見のため糖尿病の初期症状にはどんなものが有るか憶えましょう

普通病気と言えば、体に何か違和感を感じて医者に行く事になります。この違和感が初期症状と言われるもので、各々の病気に特有のものが有ります。しかし糖尿病の場合、こうした違和感ではなくて、定期健康診断などで血糖値の値が異常になっていることから発見される場合が多く、こういう意味で糖尿病は初期症状に乏しい病気といえるでしょう。中には既に相当進行して糖尿病性昏睡を起こし病院に運ばれて初めて自分が糖尿病と知る人もそう少なくは有りません。

健康診断などで、糖尿病と診断された人を調査してみると、まったく初期症状が無かったかと言うとそうでは有りません。言われてみれば暫く前から喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどを感じる場合があったことが分かりました。これらは初期の糖尿病に良く見られる症状なのですが、単に喉の渇きを感じたからと言ってそれを糖尿病に結び付けて考える人がいったいどれほど居るでしょうか。ほとんどの人は水分を取って終わりでしょう。おかしいとも思いません。

実は更に遡って考えると、疲れやすかったり、手足の痺れを感じたり、便秘になったりしていることが分かるはずなのですが、こういった症状では思い出すのも難しいくらい、気にも留めていないのでしょう。しかしこの程度の時点で適切な治療を受けていれば、境界型糖尿病としで完治が見込めるので、非常に残念です。できれば疲れたと思ったときでも最近のことを思い出して度々感じているようなら、思い切って医師に相談してみてほしいと思います。何でもなかったら良かったねで済ませば良いのです。

多くの場合には、このような糖尿病の初期症状は感じたとしても、まったく異常とは思わないのが普通です。しかしこれを放っておくと、前記の糖尿病性昏睡、意識障害、腹痛などが出てきます。こうなって初めて医師の診察や検査を受けて糖尿病だということが判明することになります。この段階では糖尿病はかなり進行していますので、完治は難しく、少なくとも食事療法や運動療法を続けていかなければならない状態です。

さらに糖尿病は合併症を併発するのが普通ですので、糖尿病に起因する症状のほかに合併症に起因する症状も出てくるようになります。たとえば視力の低下や全身の倦怠感、立ちくらみ、勃起不全などのほか合併症により様々な症状が出てくるようになってしまいます。

初期症状とは言えないものも含めて紹介してきましたが、体の変化は本人が一番分かる筈ですので、何か以前と違うものを感じたら、糖尿病ではないにしても、何らかの異変が起こっている可能性は排除できませんので、早い段階で一度医師に診察を受けるようにしましょう。

糖尿病では進行しても自覚症状が無い場合があります