インスリンとβ細胞

糖尿病の鍵を握るインスリンとβ細胞

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度が通常の人に比べて異常に高い値を示す病気ですが、なせブドウ糖の濃度が上がってしまったのでしょうか。ブドウ糖は体中にエネルギーを供給するものですが、血中に多すぎても問題が有るため、通常であれば血液中の血糖値は血中のホルモンであるインスリンの働きでブドウ糖が細胞内に吸収されることで一定の範囲内に収まっている事になります。しかしこのインスリンに異常が発生するとブドウ糖が血中に残って血糖値が上昇することになります。

ではインスリンの異常とは何でしょうか、考えられることは2つです、先ず1つ目はインスリンの働きが悪くなること、2つ目はインスリンの数が減ってしまうことです。2つ目の数が減ったらブドウ糖の処理が間に合わなくなると言う理屈は分かりますが、1つ目の数が揃っていても働かなくなると言うのはどういうことで、何がその引き金を引くことになるのでしょうか。

実は働かなくなる主な原因は肥満です。肥満の場合、必要量以上の脂肪が細胞に送り込まれ、これが脂肪細胞として膨張してくるとインスリンの働きを促すアディポネクチンという物質が出せなくり、さらにインスリンの働きを抑えるTNA-αや遊離脂肪酸を出すようになってしまうため、インスリンを働かせることが出来なくなります。これをインスリン抵抗性と言い、肥満の人で2型糖尿病を発症した場合、十中八九はこのインスリン抵抗性が原因になっていると言われています。

では次にインスリン自体の数が減ってしまうと言うのはどういうことなのでしょうか。インスリンは膵臓のランゲルハンス島というところにあるβ細胞で作られています。血中にブドウ糖が多くなってくるとβ細胞が活発に働いてインスリンを作ることになりますが、人間と同じでβ細胞も働きすぎると疲れてしまい、インスリンを作れる量が減ってきます。これに気付かず更に暴飲暴食を続けてβ細胞を使い続けると、過労死では有りませんがβ細胞は死んでしまいます。

1型糖尿病はこのβ細胞を自己免疫機能などで壊していきますが、2型糖尿病では生活習慣で壊していくことになります。β細胞は1度死んでしまったものは元に戻すことは出来ません。数は減っていくことはあっても増やすことは出来ないのです。このβ細胞が疲弊した時点が境界型糖尿病、死滅が始まってしまったものが糖尿病とされています。このため境界型糖尿病の段階で治療すれば完治が見込めますが、糖尿病になってしまったものは完治は見込めません。

このように糖尿病の発症にはインスリンの働きが深く関与し、その発症はインスリンとそれを分泌する膵臓内のβ細胞の働きが鍵を握っていると言うことが良く分かります。これが分かったら、これからは暴飲暴食はせずにβ細胞を労わってあげましょう。