糖尿病とメタボリック

メタボリック体型は要注意!糖尿病と肥満の関係

日本も高度成長期を終え、食糧事情も良くなり先進国の仲間入りをしたあたりから、恰幅の良い人が増加し、いつしか肥満大国になってしまいました。しかしこの肥満は当初は病気との因果関係が認識されていませんでいたが、時を経て肥満が多くの病気を引き起こす原因であるという認識が広がり、これらの病気がメタボリック症候群と呼ばれ始めました。この頃から肥満はメタボリック体型とかメタボ体型などと揶揄されるようになって行きます。

肥満は生活習慣に根ざしていることが多く、これ等の病気も生活習慣病と呼ばれ、健康な人から見ると乱れた生活習慣をしているからだということで自業自得と考えがちでしたが、超高齢化社会を迎えて、ただでさえ医療費が膨らんで行こうという時に、メタボリック症候群が追い討ちをかける状態になれば、健康な人にも保険料という形で負担が急激に増加してしまうことが認識されるようになり、ついに日本では世界に先駆けて特定検診(通称メタボ検診)が開始されました。

メタボリック症候群に含まれる主な病気としては、高血圧症、通風、そして糖尿病が挙げられます。ではなぜ肥満になると糖尿病になり易くなるのでしょうか。糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が通常の人に比べて異常に高くなってしまう病気で、これにはインスリンが深く関与しています。インスリンは血中のブドウ糖を細胞内に取り込ませようとする働きを持っているため、これが正常に働いていれば血中にブドウ糖が異常に存在することは有りません。

しかし肥満になって細胞に脂肪が蓄積されると、インスリンに対してブドウ糖を細胞内に取り込めと指示を出す物質が出難くくなるばかりか、逆にインスリンの働きを抑える物質が放出されるようになって、インスリンがあるのに働かない状態になります。このため血中のブドウ糖がなかなか細胞に取り込まれなくなって、血糖値が上がってしまうわけです。脂肪を極端に落とすのも問題がありますが、肥満になるほど脂肪を溜めてはいけないということです。

さてこの状態が続くと、さらに悪い方向に向かいます。ブドウ糖が血中に多くなってくるとこれを処理しなければいけないため、膵臓にあるインスリンを製造するβ細胞はフル稼働してインスリンを作りますが、これが続くとβ細胞は疲弊してインスリンの分泌量が減ってきます。さらに酷使するとβ細胞は徐々に死んで行き、インスリン自体が自分の体では作れなくなってしまいます。この状態が糖尿病です。つまり肥満が引き金を引いて、糖尿病に至らせるわけです。

通風患者は糖尿病発症にも目を配りましょう
高血圧は糖尿病発症の可能性が高まります