妊娠糖尿病

胎児に先天異常をもたらす可能性の有る妊娠糖尿病

糖尿病には様々な原因が考えられていますが、意外に知られていないのが妊娠中特に妊娠後期に発症する妊娠糖尿病というものが有ります。妊娠は病気ではありませんが、体には大きな変化が有りますので様々な影響が出てくることは十分考えられます。糖尿病もですが、それ以外の病気についても十分注意を払わなければなりません。その影響は母体だけでなく胎児にまで及ぶ可能性も有りますので、なにかおかしいと感じたらすぐに医師に相談してください。

妊娠糖尿病は妊娠中に増加する女性ホルモン(エストロゲン)や卵巣から分泌されるプロゲステロンなどのホルモンの影響で糖の分解力が低下して血糖値が異常に高い状態になってしまうことを言います。通常は出産後に血糖値は改善していきますが、時には元に戻らずそのまま糖尿病が続くことになってしまうことも有ります。元々糖尿病の女性が妊娠した場合には糖尿病合併妊娠などと呼ばれ区別しています。

治療としては、妊娠中ということで運動療法は取りづらく、また胎児への影響を最小限にする必要が有るため、まずは食事療法が基本になります。しかし食事の制限にしても胎児への影響が出てしまわないように細心の注意が必要です。また経口薬による影響も考慮すると食事療法で効果が少ない場合には、インスリン注射で対応することが必要です。妊娠中にはこの2つの療法を組み合わせることによって血糖値のコントロールを行うことになります。

妊娠糖尿病に罹ると胎児にも影響があり先天異常がある可能性も通常よりも高くなります。そこで妊娠が分かった時点から血糖値の管理を開始して常に正常値内にコントロールしておくことが重要です。そのためには、普段健康であっても自分の血糖値などはしっかり管理して、妊娠時に異常なのかどうか判断できるようにしておきましょう。特に妊娠前から糖尿病を発症している場合には、妊娠が分かった段階で医師と十分話し合って、通常以上に厳格な食事の管理などが重要になります。

妊娠糖尿病の場合、早産の危険性や妊娠高血圧などになることも多くハイリスク妊娠の1つとされています。また胎児は巨大児になったり、様々な原因で難産になる可能性が高いため、分娩に障害になるような場合には帝王切開が推奨されています。いずれにしても妊娠糖尿病が発覚した時点から分娩までは医師と十分に理解しあう必要が有ります。自然分娩を希望する場合でも、医師の判断が帝王切開であるのであれば胎児のためにも素直に従ってください。