生活習慣病

2型糖尿病は何故生活習慣病と呼ばれるのか

日本における糖尿病は自己免疫疾患と言われる1型糖尿病が5%、生活習慣病と言われる2型糖尿病が95%となっています。ここで生活習慣病というのは生活習慣が原因で発症する病気のことを言いますが、2型糖尿病はなぜ生活習慣病なのでしょうか。生活習慣の何が問題で糖尿病に至ってしまうのか、発症していない人いつ発症してしまうか分からずどのような生活習慣がいけないのかはっきり知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

まず糖尿病というのはどのようなものか知っておきましょう。糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が通常の人に比べて異常に高い値を示す病気です。2型糖尿病の原因は正確に解明されているわけではありませんが、生活習慣であるカロリーの取りすぎや運動不足が原因ではないかといわれています。カロリーを取りすぎるあるいは運動をしないでカロリーを消費しないとどうなるかというと、余った脂肪が細胞内に溜まって脂肪細胞になって、徐々に体は肥満に向かいます。

この肥満の状態になると脂肪細胞はブドウ糖を細胞内に導くインスリンの機能を押さえ込むようなインスリン抵抗性を発揮するようになります。このためインスリンは有るのにブドウ糖は消費されない状態になって血中のブドウ糖濃度は上がっていきます。これが糖尿病の始まりといってよいでしょう。しかもブドウ糖が沢山有るため膵臓のβ細胞はインスリンを盛んに分泌するようになります。まさにβ細胞のフル稼働状態で、へとへとになるまでこき使います。

へとへとになったβ細胞は、人間と同じように疲弊してしまい、だんだん働けない状態になります。それでも使い続けると、ついにはβ細胞は死滅していきます。こうしてβ細胞の数がすくなくなってしまい、インスリンが作れなくなってしまって、糖尿病となります。まさに生活習慣が2型糖尿病を呼び起こしたことになるのです。ということは治療としてはこの生活習慣を変えていくことがまず必要だということです。

このため2型糖尿病では食事療法と運動療法が基本治療として位置づけられています。気を付けなければならないのは、家族のうち1人が糖尿病を発症した場合、同じような生活環境に有る他の家族も糖尿病発症の可能性が高いということです。1人が発症したら、家族で話し合って皆が糖尿病の検査を受けることと、生活習慣を見直して糖尿病の発症を防ぐことが必要です。自分には関係ないと考えていては近い将来、自分も発症してしまうかもしれません。

痛風患者は糖尿病発症にも目を配りましょう
高血圧は糖尿病発症の可能性が高まります