糖尿病の怖さ

糖尿病の何がそんなに怖いのか

糖尿病は怖いとよく言われますが、良く考えてみると糖尿病の症状って、初期には血糖値が高くなるだけで、痛いとか苦しいとかはほとんど感じません。では何がそんなに怖いのだろうと考えちゃいますが、理由を知らないまま怖い怖いと言っている人が、かなりいるのではないかと思われます。実は糖尿病が本当に怖いのは、糖尿病自体ではなくて、糖尿病が引き金を引く合併症にあります。糖尿病の合併症は放っておくと死に至るような病気が山のように有り非常に怖いと言っていいでしょう。

糖尿病には3大合併症と呼ばれるものが有ります。それは糖尿病性神経障害糖尿病性網膜症糖尿病性腎症の3つで重症になるとそれぞれ非常に深刻な症状になります。このほか狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの血管合併症、糖尿病性リポイド類壊死症、糖尿病性浮腫性硬化症、環状肉芽腫など多くの皮膚合併症、神経障害性関節症、糖尿病性壊疽などの下肢合併症などが合併症として良く知られています。場合によっては合併症の症状から糖尿病が発見される場合もあります。

合併症の怖さはこれだけでは有りません。例えば神経障害が起こって痛みをあまり感じないようになっているときに、心筋梗塞が発症したとします。心筋梗塞は人生の3大痛に数えられるほど痛い筈ですが、この痛みをほとんど感じません。痛みは何のために感じるかというと、体の異変を伝えるために感じるわけでこれを感じないというのは非常に危険なことです。心筋梗塞の痛みを感じなければ、そのまま理由も分からず命を失うことになりまねません。非常に怖いことです。

このため糖尿病の治療というのは、合併症を起こさないようにすることが目的といわれることが有る程です。糖尿病は最初は自覚症状が有りません、したがって糖尿病と診断される頃には既にいくつかの合併症は発症していると言われています。この場合、まずは医師の指示に従って食事療法や運動療法を行い血糖値のコントロールを行い正常値に保つことによって、合併症の発症や既に発症している合併症の進行を遅くすることができます。自覚症状が無いからといって指示を無視してはいけません。

合併症をおこさないようにするために最も重要なことは、糖尿病自体を早期に発見することです。そのためには、職場や学校などで行われる健康診断での尿検査や血液検査を必ず受診すること、怖くて受診できない人はまずは自分で検査できる検査キットを利用しても構いません。そして少しでも糖尿病を疑わせる結果が出た場合には、躊躇することなく、すぐに病院に行って確定診断を受け、必要なら治療に入るようにしましょう。