糖尿病の引き金

他の病気が糖尿病発症の引き金になる場合とは

病気に悩む人は年を取るごとに増加傾向を示しますが、これは加齢によって、有る意味仕方の無いことです。しかし共通して言えることは早期に発見して早期に治療すれば、ほとんどの病気は克服することが出来、健康に過ごすことができるということです。しかし中には兆候を無視してこじらせてしまう場合も少なく有りません。病気によっては、それがさらに糖尿病の引き金を引いてしまうような病気もあります。このような別の病気が原因で糖尿病の症状が出てしまうものを続発性糖尿病あるいは二次性糖尿病と呼んでいます。

このような病気には様々なものがありますが、例えば膵臓のランゲルハンス島にできる腫瘍で血糖値を一定に保つ作用を持つグルカゴンというホルモンを異常に分泌するようになるグルカゴン産生腫瘍や血糖値の上昇を促すホルモンである副腎皮質ホルモンの1つ糖質コルチコイドが何等かの原因で増加してしまうクッシング症候群、副腎髄質や傍神経節にできるカテコールアミンを放出し高血糖など様々な症状をもたらす褐色細胞腫などが有名です。

このほか糖尿病の症状を呈する病気としては原発性アルドステロン症、成長ホルモン産生腫瘍、肝硬変、慢性膵炎、ヘモクロマトーシス、膵癌、筋緊張性ジストロフィーなどがあります。これらはその病気が原因で、血糖値を上昇させたり、膵臓に影響してインスリンの分泌に支障が出たりして、糖尿病のような症状が出てくるものです。したがって、食事療法や運動療法は効かず、インスリンを注射したとしても、血糖値は下がるかも知れませんが根本的な解決にはなりません。

また病気ではありませんが、ある種の薬剤によって糖尿病の症状が出る場合も有り、これも続発性糖尿病に分類されています。たとえば膠原病などでステロイドを長期に渡って服用したような場合には肝臓やインスリン抵抗性などに影響が出てしまう場合があります。このような場合にはステロイドの量を調整する事によって症状は軽減されます。このような糖尿病を起こす可能性の有る薬剤にはサイアザイド系利尿薬、フェニトイン、糖質コルチコイドなどがありますので注意が必要です。

このほかにも膵臓にダメージを与えるような病気や薬剤には糖尿病と同様の症状を起こす可能性はありえます。もし糖尿病と診断された場合、治療中の病気や服用中の薬などをあわせて考える必要が有りますし、また気付いてはいなくても何らかの病気が潜んでいる可能性もあります。ですからずっと正常だった血糖値が突然高くなったような場合には医師と十分話し合って、少しでも疑いが有る場合は必要な検査を受けることが重要です。