1型糖尿病について

1型糖尿病は2型糖尿病とどこが違うのでしょうか

糖尿病と言うと生活習慣の乱れ等が想像され、贅沢病などと揶揄されることもしばしばありますが、これらのイメージの多くは2型糖尿病というもので、たしかに生活習慣の乱れから肥満(俗に言うメタボ体型)に陥り糖尿病を発症するものです。しかし糖尿病はこれだけでは有りません。2型が有るからには1型も存在します。似たようなものだろうと思っていませんか。これらは表面に現れてくる症状が同じように見えるため糖尿病といわれていますが、実はまったく違う病気と言って良いものなのです。

糖尿病は血液中のインスリンの状態によってブドウ糖の濃度が通常の人に比べて異常に高い値を示す病気です。インスリンは膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞から分泌されますが、1型糖尿病は、このβ細胞が自己免疫の異常が原因で死滅してしまう自己免疫性疾患です。発症のメカニズムは残念ながらまだ正確には解明されておらず、経口血糖降下剤は効果が無いため患者は自身で、インスリン注射を打つしか治療の方法が有りません。

1型は自己抗体が有る場合を1A型、無い場合を1B型として分類していますが、無い場合は本来の意味で自己免疫性疾患とは言えません。このタイプについては未解明の部分が大きく、劇症になる場合も有り、今後の研究が待たれるところです。近年の報告によれば世界的にこの1型糖尿病の発症が増加傾向に有ります。

症状は1型と2型で大きな違いは有りませんが、1型は劇症化する場合があり急性の合併症である糖尿病性昏睡を引き起こし死に至ることも少なく有りません。したがって2型以上に早期発見が重要になります。特に1型の特徴として10代で発症することが多く、この点で1型糖尿病は小児糖尿病と呼ばれる場合があります。糖尿病は中年以上のメタボおじさんだけの病気では有りません。小児と言えども発症の可能性が有るということを忘れてはいけません。

1型糖尿病の治療は、2型糖尿病のような食事療法や運動療法、前記の経口血糖降下剤による薬物治療では効果が有りません。治療の目的はβ細胞の死滅を抑える事ではなくインスリン注射によるインスリンの補給によって糖尿病の合併症の発症を抑えることにあります。

1型糖尿病の初期の自覚症状としては、2型と同じように目立ったものは無く、強いて言えば喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少などがあります。発症が小児期であるため本人が気付くことは先ず無いため、親は学校で行われる健康診断や、これ等の信号を見落とす事無く、おかしいと思ったらすぐに病院に行く必要が有ります。