糖尿病 断食

摂取カロリーを抑える断食は命取りになることが有ります

糖尿病は高血糖が問題で食事療法でカロリーを減らしているのだから断食すればもっといいだろと考えている人も居るかもしれません。またインターネット上には断食で糖尿病をはじめ多くの病気が治ったとするような話がよく載っていますが、まったく効果がないという話も見かけます。本当にそんなことがあって、それぞれが言うように病気が治るのであればもうとっくに糖尿病が根絶されていても良い様にも思いますが、そうはなっていません。

断食は病気によっては医学的に医師の管理の下で行われる場合がありますが、糖尿病においてはそのような治療はありません。食事療法にしても低カロリー食を摂るのであって、摂らないということでは有りません。ちょっと考えれば分かることですが体を維持していくためには栄養の摂取が必要なのは言うまでも有りません。断食すれば水以外のものを摂取しないわけですから何も栄養が入って来ない状態になります。太っているから大丈夫というわけには行きません。

一部の栄養素は体の中で暫くは調達ができますが、調達できないものだって沢山有ります。百歩譲って糖尿病に効くとしても、その間に別の病気になってしまうのが落ちです。もし糖尿病患者が断食したとすると、確かに血糖値は下がっていくでしょう。でも血糖値は下げればいいというものでは有りません。正常範囲にしておくことが重要なのです。もし正常範囲以下になってしまったら、こんどは低血糖という状態になって、場合によっては昏睡状態に陥り、命取りと言うこともあります。

ですから重要なのは食事療法や運動療法を行って血糖値を一定範囲内に収めることです。この点を忘れてただただ食べなければよいというのは間違いです。こういった指摘を受けて最近では断食ならぬ半断食と称して半日だけ断食しようなどと言うこともありますが、勝手に行うのは体のリズムを崩すだけです。医学知識のない素人感覚で行うことでは有りません。医師の指示に従ってちゃんと決められた単位の食事を摂ることが最も体に適した治療だと考えましょう。

もしどうしても断食をしたいと言う場合には、まずは主治医に相談してください。もし検査も何もしておらず病院にも行っていないが、糖尿病っぽいので治ると言われる断食をしてみようと考えている人が居たら、そんな考えは止めて、すぐに病院に行って、検査を受けてください。どうしても行きたくない人は、まず検査キットを買ってきて自宅で検査してみることでも良いでしょう。そして発症の有無を確認して、発症しているのであればすぐに病院に行きましょう。勝手な判断は命取りです。