糖尿病食のレシピ

糖尿病患者のレシピの作り方

糖尿病を発症するとまず行わなければならないのが食事療法と運動療法ですが、とくに食事療法は自分の適性カロリーに合わせてメニューを作り、レシピを考えて調理しなければなりません。しかしいきなり食事療法が必要と言われて、単位の計算をして馴れない低カロリー食のレシピまで作るのはそう簡単な事では有りません。しかも糖尿病は自覚症状が無いため、途中で投げ出してしまう人もいて、症状を悪化させて後で泣くことになる人も少なく有りません。

では食事療法のレシピを作るにはどうすればよいのでしょうか。糖尿病になるとまず決められるのが一日の摂取カロリーです。これは患者ごとに症状の進度と血糖値を見て算定されます。従来はこのカロリーで食品を選ぶことになりましたが、各食品のカロリーなんて専門家以外に知っている人は少ないため、考えられたのが食品交換表と単位と言う概念です。単位は1単位=80Kcalとして糖尿病患者が一日に摂取できる単位を計算します。

食品交換表には各食品を似たようなもの毎に6つの種類に分けて、各種類から食品を選べばバランスの良い食事ができるようになっており、それぞれの食品に単位が決められていて自分の摂取できる単位に合わせるように選べるようになっています。しかしこれで食べられる食品を選んだとしてもそれを使ったメニューを考えて、レシピを作らなければなりません。これは料理の経験を積んだ主婦などではできるかもしれせんが、外食ばっかりしていた人にはちょっと厳しいですね。

結局料理は経験を積んで少しずつレパートリーを広げていくしかありませんので、一朝一夕に出来るものでは有りません。そこで利用したいのが、レシピ本やインターネット上に公開されている糖尿病用のレシピを公開しているサイトを参照することです。他力本願かもしれませんが最初はこれらにあるとおりに作ればよいですし、少しずつ食品を変えるなどして、自分なりにアレンジしていけば自分用のレシピも沢山できるようになります。

糖尿病用のレシピに限った話では有りませんが、料理を習うのは最初は、他の人の真似です。いきなり自分のオリジナルを作るのは難しくても、自分なりに工夫を加えることは出来ます。そのうちに材料を選んだ段階でレシピも頭に思い浮かぶようになってきます。馴れないうちは時間もかかって嫌になることもありますが、だんだん短時間で要領よくできるようになりますので、途中で投げ出すようなことは止めて、病気に勝てるようにしましょう。