糖尿病

なぜ糖尿病で人工透析が必要なのか

糖尿病が高血糖になる病気だと言うことは多くの人が知っていますし、少し詳しい人なら膵臓とかインスリンとかとも結び付けられるでしょう、しかし人工透析と結び付けられる人はほとんどいません。しかし人工透析患者の43%は糖尿病の典型的な合併症である糖尿病性腎症の患者で、透析原因の第1位になっています。糖尿病性腎症は糖尿病の3大合併症に数えられるもので、発症はかなり早く糖尿病と診断されて時は既に多くの場合発症しているとされています。

糖尿病性腎症の発症のメカニズムとしては腎臓の糸球体が細小血管障害を起こし数が減ってしまうことによって発症します。症状は5期に分けられますが、当初は自覚症状が無く、第4期に至って尿毒症が見られるようになり、更に進行して第5期になると透析が必要になります。糖尿病の治療には様々なものがありますが、これらはほとんどが糖尿病を治すものではなく、この糖尿病性腎症などの合併症の発症・進行を防ぐことが目的で、それほど合併症は怖いと言うことです。

人工透析の身体的負担がどれほどのものか行ったことの無い人にはわかりませんが、実際の患者の話では1回あたり4~5時間で週に3回の人工透析に比べたら、糖尿病で行われる食事療法の苦しみなど無いに等しいそうです。現在食事療法と運動療法を続けている人はこのことを忘れないようにしましょう。実際糖尿病性腎症で人工透析を始めた場合の余命は5年から10年とされていて如何に病状が深刻なのかが良く分かる数字になっています。

人工透析に進まないようにするためには、最も良いのは糖尿病にならないこと、なったとしてもなるべく早期に発見することが必要です。そのためには、まず糖尿病の発症を回避するため、自分の生活習慣を見直し、乱れがある場合には生活を改めなければなりません。次に早期に発見するために、定期健康診断や特定検診を必ず受診して血液検査を受けること、また数年に1度は人間ドックなどを受けることも必要です。また糖尿病と診断された場合には、医師の指示に従って治療に励んでください。

もし人工透析が必要となった場合、残念ながら残る治療としては現在の所移植以外に有効なものがありません。特に日本では臓器提供の数は少数にとどまっているため、可能性は極めて小さいと言わざるを得ず、海外に望みを持つ人もいます。今後期待されるものとしてはまだまだ空想の域を出ませんがiPS細胞を使って自身の細胞から新しい腎臓を作って移植するなどが考えられますが、実用化までには非常に長期間を要すると思われます。

早期発見のため糖尿病の初期症状にはどんなものが有るか憶えましょう

普通病気と言えば、体に何か違和感を感じて医者に行く事になります。この違和感が初期症状と言われるもので、各々の病気に特有のものが有ります。しかし糖尿病の場合、こうした違和感ではなくて、定期健康診断などで血糖値の値が異常になっていることから発見される場合が多く、こういう意味で糖尿病は初期症状に乏しい病気といえるでしょう。中には既に相当進行して糖尿病性昏睡を起こし病院に運ばれて初めて自分が糖尿病と知る人もそう少なくは有りません。

健康診断などで、糖尿病と診断された人を調査してみると、まったく初期症状が無かったかと言うとそうでは有りません。言われてみれば暫く前から喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどを感じる場合があったことが分かりました。これらは初期の糖尿病に良く見られる症状なのですが、単に喉の渇きを感じたからと言ってそれを糖尿病に結び付けて考える人がいったいどれほど居るでしょうか。ほとんどの人は水分を取って終わりでしょう。おかしいとも思いません。

実は更に遡って考えると、疲れやすかったり、手足の痺れを感じたり、便秘になったりしていることが分かるはずなのですが、こういった症状では思い出すのも難しいくらい、気にも留めていないのでしょう。しかしこの程度の時点で適切な治療を受けていれば、境界型糖尿病としで完治が見込めるので、非常に残念です。できれば疲れたと思ったときでも最近のことを思い出して度々感じているようなら、思い切って医師に相談してみてほしいと思います。何でもなかったら良かったねで済ませば良いのです。

多くの場合には、このような糖尿病の初期症状は感じたとしても、まったく異常とは思わないのが普通です。しかしこれを放っておくと、前記の糖尿病性昏睡、意識障害、腹痛などが出てきます。こうなって初めて医師の診察や検査を受けて糖尿病だということが判明することになります。この段階では糖尿病はかなり進行していますので、完治は難しく、少なくとも食事療法や運動療法を続けていかなければならない状態です。

さらに糖尿病は合併症を併発するのが普通ですので、糖尿病に起因する症状のほかに合併症に起因する症状も出てくるようになります。たとえば視力の低下や全身の倦怠感、立ちくらみ、勃起不全などのほか合併症により様々な症状が出てくるようになってしまいます。

初期症状とは言えないものも含めて紹介してきましたが、体の変化は本人が一番分かる筈ですので、何か以前と違うものを感じたら、糖尿病ではないにしても、何らかの異変が起こっている可能性は排除できませんので、早い段階で一度医師に診察を受けるようにしましょう。

糖尿病では進行しても自覚症状が無い場合があります

百薬の長なんて嘘!糖尿病と飲酒の関係

昔から酒は百薬の長などと言われ、飲兵衛の人は何を言われようがこれを盾にして飲み続けている場合も少なく無いでしょう。というよりも飲みすぎは良く無いと知りつつこの言葉に縋って飲んでも良いのだと自分に言い聞かせているのかもしれません。しかし、お酒に薬効など有りませんし、飲んで悪さをしないのは極めて少量だということを知っておきましょう。糖尿病と飲酒についても様々な報告はありますが、早死にしたくなければ断酒を勧めます。

現在まで糖尿病と飲酒の関係は国内外の研究機関から様々な報告がありますが、アルコールが良い方向に作用するとしたものや、悪い方向に作用するとするものが入り乱れており、一致した見解が得られていませんでした。国立がん研究センターの場合、毎日1合以上飲酒をする人は飲酒の習慣の無い人に比べて糖尿病の発症リスクが明らかに高まることが報告されています。したがって健康な人が飲酒する場合は1合以内に抑えることを勧めます。

しかしアルコールはカロリーが高く高血糖を招き中性脂肪が増加し、胃の活動を活発にして食欲を増進させ、糖尿病の薬やインスリン注射の効果に影響を与えます。またアルコールは様々な合併症を招くことにも繋がってしまうことが分かっています。このため既に糖尿病を発症してしまっている場合には、アルコール摂取は極めて悪影響が大きいことになりますので、どのような種類のお酒であっても体には悪いということを憶えておきましょう。

それでは糖尿病患者は飲酒できないのかということになりますが、はっきり言って、断酒すべきですが、そんなことは出来ないということであれば、ウイスキーなどなるべくカロリーの低いお酒を選んで少量だけにしておくなど、飲み方を工夫する必要が有ります。ただし、すでに薬物療法をしなければいけない程度に病状が進行しているような場合には、悪いことは言いません思い切って断酒すべきです。自分の命を守るためには我慢も必要です。

下戸の人に限らず、お酒を飲むのに習慣性が無い人から見ると、どうしてもお酒が飲みたいという人の気持ちが良く理解できないと言われます。飲める人でも、毎日ということではなくて、何かお祝い事だとかお付き合いが有るときだけにしている人もいます。もし飲酒の習慣を持つ人が糖尿病と診断されたら、先ずは習慣性をやめて必要なお付き合いのときだけ飲むことにして、馴れてきたら断酒を宣言するというように段階を踏んでも良いのではないでしょうか。

禁煙しよう!糖尿病と喫煙の関係