糖尿病

糖尿病の人はコーヒーの飲み方に注意

従来コーヒーは糖尿病に良いと言われることが良くありました。しかし最近になってコーヒーは糖尿病には良くないという研究報告がされるようになってきました。いったいどっちなんだと言いたい人も多いでしょう。特にコーヒー好きの糖尿病患者の人はコーヒーは良いに決まっているだろ、今までさんざんそう言って来たじゃないかと思う人も居るでしょう。どうもこれはどちらも正しいようで、正確に言うとコーヒーは糖尿病の予防には良いと言うべきだったようです。

つまりコーヒーは糖尿病の発症前には良いのですが、発症後は要注意と言うのが正確な表現と言うわけです。ではなぜコーヒーは糖尿病の予防に効果があるのでしょうか。まず糖尿病の発症は肥満が大きな役割を果たします。コーヒーに含まれるカファインは脂肪の消費を促進し炭水化物の利用効率を下げるように働きます。肥満は過剰なカロリー摂取が問題になりますので発症前は脂肪の消費が問題になり、カフェインで脂肪を消費すれば肥満になり難いわけです。

反面炭水化物は利用されにくくなるため、血中のブドウ糖は増えていきます。しかし糖尿病発症前はインスリンが活発に働きますので、それでもブドウ糖は吸収されてしまいます。結果肥満を防ぐ効果が見られるため、糖尿病の予防に効果があると言うことになります。しかし糖尿病を発症してしまった場合には、脂肪の消費は良いのですが、ブドウ糖はインスリンが働かない或いは数自体が少なくなってしまっている状態のため、ブドウ糖が増加するとさらに症状を悪化させることになります。

以上がコーヒーが糖尿病予防には良いが、糖尿病患者には良くないという理由です。でもコーヒーは飲みたいと言う糖尿病患者は多いと思いますので、飲み方を考えて見ましょう。要は炭水化物の利用が進まなくなるわけですから、そもそも炭水化物が少ないときであれば良いわけです。したがって食後は避けて、患者の症状にもよりますが、空腹になったときに1杯飲むと言うような飲み方にすれば良いのではないでしょうか。

コーヒーを飲む習慣がない人には判らないと思いますが、コーヒー好きにコーヒーを飲むなと言ってもなかなか難しいことです。しかし病気に悪いと言われると、普通であればそんなものはやめなさいと言われて、ストレスが溜まって行きます。ストレスはまた悪い結果を生みますから、我慢してしまうよりも飲み方を工夫する事によって、糖尿病を進行させることの無いよう、何度もガブガブと飲むことは無理でも、じっくり一杯を楽しむと言うような飲み方をしてみてはいかがでしょう。

シナモンは糖尿病に良いのか

糖尿病の予防と改善にはストレッチ体操が有効です

糖尿病の運動療法は食事療法と同等の基本的な治療で、糖尿病と診断されると運動しなさいと言われます。食事療法と運動療法は摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やすという関係にありますが、もう1つ運動する事によって筋肉を増やせれば基礎代謝量を増やすことが出来、よりカロリーを消費できる体になります。かといって普通の人の場合、場所を取るような運動はなかなかできないので、比較的効率よくカロリー消費が出来る散歩などが主な運動になっています。

もちろん散歩は気分転換にもなってストレス解消にも向いていますので、優れた運動療法ですが、最近注目されているものにストレッチ体操が有ります。ストレッチ体操は様々なものがありますが、まず場所を取らないと言う利点が有ります。畳2畳分くらいのスペースがあれば十分可能で、メタボ体型でもうすぐ糖尿病と言われている人の予防から、たとえ重度の糖尿病患者で運動ができないとされている場合であっても、体操によってはある程度行うことが出来ます。

最近ではこれ等の体操の解説本なども出てきていますが、一番のお勧めは、まず病院などで行われている講習会などを利用するのが良いでしょう。活字で読んでもなかなか理解できないような場合も有りますので、実地で指導してもらうのが一番です。体操により糖尿病に向き不向きがある場合も有りますので、より効率的にカロリー消費が出来て、体にあまり負担のかからないようなものを選んで指導してもらえます。ある程度指導してもらえば、あとは本で読んでも分かるようになるでしょう。

運動療法としては散歩も捨てがたいものですので、散歩とストレッチ体操、それからできればプールなどを組み合わせて、楽しく運動できるように考えましょう。糖尿病予防として行うにしても、治療として行うにしても、長く行う必要が有りますので、同じ運動ばかりでは飽きてしまいがちです。いろいろな運動を取り混ぜて行うことで飽きの来ない、長続きする運動療法になります。特にストレッチ体操は、いろいろなものが有りますので、組み合わせは無限大で、大変お勧めです。

ただし運動は、多かれ少なかれ体に負担がかかりますから、かならずこういうことをやりたいと言うことを医師に相談してOKを貰ってください。たとえ予防として行う場合でも、自分の体への負担が大きすぎる場合には、かえって体を壊すことになります。また自分の判断で体操の内容を変更する場合も、動かす筋肉などが変ってしまって、効果が小さくなったり、逆に過負荷になったりしないように十分注意が必要です。

プールでの運動は糖尿病に大変有効です

糖尿病療養指導士とはどんなことをしてくれるのか

糖尿病は食べすぎや運動不足などの生活習慣が原因で肥満となり、これが引き金となって膵臓機能が低下してインスリンの分泌量が減り、血中のブドウ糖濃度が高くなってしまう病気です。このため治療の始めはこの生活習慣の改善と言うことになります。しかし長い間食べすぎや運動不足を続けてきた人が、急にそれを改善し、かつ継続していくことは至難の業です。そこで医師の指導の下、これを支援してくれる人たちが糖尿病療養士(CDE)と呼ばれています。

CDEは元々はアメリカで1985年にできた資格ですが、日本においても2000年に日本糖尿病療養士(CDEJ)として認定されるようになりました。現在ではカナダや韓国にも同様の資格があり、日本での認定機関は日本糖尿病療養指導士認定機構がとなっていて、認定には認定試験に合格することが必要です。現在では日本糖尿病療養指導士認定機構のホームページから糖尿病療養指導士のいる医療機関が分かるようになっていまので、指導してもらいたい場合には問い合わせてみてください。

この日本糖尿病療養指導士の認定試験の受験資格はまず医療関係の資格である看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士の資格を有していることが必要です。以前は準看護士と栄養士も入っていたのですが現在はこの5資格のうちの1つが必要です。日本では医師は入っていませんが外国では医師にも受験資格を与えている所もあります。

受験資格は更に、日本糖尿病療養指導士認定機構が認定する医療機関で続けて2年以上実際に糖尿病患者に療養指導を行い、指導を10件以上行っている人で、同機構の講習会を終了していることが必要です。前記5資格のうち1つを取得するのもかなり大変な上に、更に多くの実務経験を要求されるためかなりハードルの高い資格と言え、尚且つ5年ごとに更新しなければなりません。

現在では有資格者は全国に及んでいますが、資格としてはまだまだ歴史も浅いため、十分な人数には達していません。今後糖尿病患者の数は増えていくことが予想されていますので、認定数も増えていくと考えられています。

認定制度の歴史が浅いため、認定者がいないからその医療機関では駄目だと言うことでは有りません。認定者以上に指導のベテランだって多数いますし、認定を目指して頑張っている人も大勢います。そういう人でも十分行き届いた指導をしてくれますので安心してください。いずれは認定者が中心となって指導していく体制になると思いますが、今はまだ過渡期と考えたほうが良いでしょう。