糖尿病

日本糖尿病協会ってどんな組織で何をしているのか

糖尿病関連団体には日本糖尿病学会をはじめ様々な団体が存在しますが、その中で医療従事者以外でも参加が可能なものの中で、古い歴史を誇り中心的役割を持つ団体に日本糖尿病協会が有ります。日本糖尿病協会は糖尿病の患者や家族、医療関係者などを中心に1961年に設立された組織で現在特定公益法人に指定されています。設立の目的は糖尿病の知識の普及、患者や家族への教育、糖尿病の予防や健康増進のための研究などが挙げられています。

日本糖尿病協会には糖尿病「友の会」があり、全国1500の医療機関に置かれています。この会には糖尿病の患者や医療関係者のほか、糖尿病に関心があれば誰でも入会することができるようになっています。活動としては、糖尿病についての勉強会、糖尿病食の料理教室、情報交換会、その他様々なイベントが行われ、また情報誌には月刊『糖尿病ライフさかえ』があります。近くに無いという場合には医療従事者を含めて10人以上集まれば新しい友の会を作ることも可能です。

この友の会のほかにも、数は限定されますが小児糖尿病の会やヤングの会というものもあります。また日本糖尿病協会本体が行うサマーキャンプなど様々なイベントも行われています。これらに関心がある場合には案内が日本糖尿病協会のホームページに掲載されていますので一度確認してみてください。またこのホームページには糖尿病についてのリンク集やQ&Aなどもあり大変重宝します。さらに糖尿病連携手帳などの糖尿病患者にとっての便利グッズの配布も行われています。

糖尿病に限らず、様々な病気に友の会が存在しますが、病気のことが分かってしまうのは困るという理由で参加を躊躇している人も多く、残念ながら有益な情報を共有できずにいる場合も存在します。参加の可否は患者本人や家族で決める事ですが、できればこういう友の会に入会し、最新情報を共有して治療に活かすことを考えたほうが良いのではないでしょうか。病気は時として気弱になることもありますが、こういうことで患者が相互に支えあうことも重要なことです。

前記のように多くの医療機関に糖尿病「友の会」がありますので少し大きな病院に行けば大概存在しているはずです。糖尿病と診断された場合、そのような医療機関では医師から入会を打診されることになると思いますが、もしそういうことが無くて入会を希望する場合には直接日本糖尿病学会の事務局へ連絡を取ってみましょう。入会して様々なイベントに参加することで治療効果にも良い影響が出てくれば万々歳ですね。

高血圧は糖尿病発症の可能性が高まります

高血圧も糖尿病と同じく生活習慣病と言われます。したがって両方とも生活習慣の乱れが発症の大きな原因と考えられます。ということは高血圧あるいは糖尿病を発症すると他方も発症してしまう可能性が有るのでしょうか。実はこの2つは相互に合併症として挙げられるほど関連があり、両方とも発症してしまう可能性は大変高いといわれています。ですからどちらかを発症してしまった場合には、全力で他方の発症を阻止する努力が必要です。

糖尿病患者から見るとその約6割は高血圧だという統計が有ります。したがって例えば高血圧の人が糖尿病を、糖尿病の人が高血圧をそれぞれ発症する可能性が高いことは容易に想像されます。考えられる原因としては血糖値が高い場合、細胞の浸透圧が高くなって水分が出るため腎臓での吸収が増えて血液が増え血圧が上昇していきます。したがって血糖値と血圧がほぼ同時に進行して、どちらが先に病的になるかの違いだけで、両方とも悪化して行っていることに変りは有りません。

治療として先ず挙げられるのはやはり食事療法と運動療法です。高血圧と糖尿病患者の多くで共通しているのは肥満傾向に有るということで、この2つが有効になりますが、とくに高血圧も有る場合には糖尿病単独の場合と違って、塩分を抑えることも必要になります。食事で塩分を抑え、運動で汗と共に塩分を排出することで高血圧に有効な治療となります。医師の指示に従ってこの2つの治療を実行すれば、高血圧にも糖尿病にも効果が見込めます。

糖尿病も高血圧も自覚症状が乏しいため、かなり進行してから病院に来て、驚く人も珍しく有りませんが、そういった場合、すでにかなり症状は進行してしまっている場合が多く、薬剤に頼らざるを得ない人もいます。こういうことを避けるためには、少なくとも年に1回はそれぞれ検査をしてみる必要があります。職場や自治体で行われる定期健康診断は通常これ等の検査を含んでいるのでちょうど良いはずです。もしそういうところへは行きたくないという人は血圧計と糖尿病検査キットを用意して自分で検査してみましょう。

そしてもし少なくともどちらかが異常値を示したら、今度は行きたくない等と言っている場合ではありませんので、躊躇していないですぐに病院に行って確定診断してもらうことが必要です。不幸にして異常が分かった場合には、すぐに治療を始めましょう。他方を併発しないように、あるいはそれ以上に進行しないように、医師の指示に従って治療をしなければなりません。最も悪いのは検査結果を無視して放置してしまうことです。絶対にやめましょう。

痛風患者は糖尿病発症にも目を配りましょう

治療によって低血糖になったときに現れる症状とは

糖尿病は血糖値が上がる病気であって、低血糖になれば万々歳じゃないかと思う人もいるかと思いますが、徐々に血糖値が減っていって正常に戻ると言うのであればそのとおりです。しかし薬物療法などによって血糖値を下げすぎた場合、これまた体に影響が出て様々な症状が現れます。場合によっては昏睡状態に陥ってしまうことさえあり、薬の使い方には十分注意をしなければならず、また低血糖になってしまったときの準備をしておくことが必要です。

糖尿病の薬物治療は経口の血糖降下剤を使う場合とインスリン注射を行うものが有ります。通常はこれらで適正な血糖値まで下げるように量が調整されているのですが、人体はいろいろな反応を示しますので、時として必要以上に血糖値を下げてしまうことがあり、低血糖の状態になってしまいます。特にインスリン注射の場合は効果てきめんですので注意が必要とされています。

低血糖になった場合の症状としては、まず血糖値が68mg/dLまで下がると通常は血糖値を上げるためのホルモンが分泌されるようになりますが、糖尿病の場合にはこのホルモンの働きも低下していますので、さらに下がっていきます。53mg/dLになると自律神経に影響が出始め発汗、手足のふるえ、動悸などが見られるようになります。また血糖値が比較的ゆっくり下がっていく場合には頭痛も見られることが有ります。

48mg/dLまで下がってしまうと中枢神経にも影響が出て眠気、めまい、ろれつが回らないなどの症状が出始めます。さらに下がってしまうと低血糖昏睡を起こして意識を失うことになります。しかしこれらの症状には個人差があり、皆が同じような経過を辿ることは有りません。むしろ一人一人が違うパターンの症状を発症すると考えた方が妥当です。ですから一度低血糖を経験した場合は、自分のパターンを良く憶えておいて、次の時には低血糖を捉えられるようにしておきましょう。

もし低血糖の危険性を察知したら、すぐにブドウ糖を摂取する必要が有ります。持っていない場合は砂糖で代用します。ただし砂糖の効果は遅れがちになりますので、できれば糖尿病で薬物療法を受けている場合には、必ずブドウ糖を所持しておくことが重要です、ブドウ糖も砂糖も無いような状態では飴ということも考えられますが、吸収の早いブドウ糖がベストです。また意識に障害が出た場合の対処として家族や職場の同僚など身近な人に対処法を教えておき対処してもらうことも必要です。