糖尿病

糖尿病と歯周病・虫歯の関係

糖尿病になると様々な合併症を発症して体中に影響が出る可能性のあることが分かってきましたが、歯や歯肉も例外では有りません。糖尿病の患者では普通の人に比べて、高率で歯周病や虫歯になり易いと言う統計が報告されています。歯科医師の間では歯周病や虫歯が糖尿病と関係していると言うのは今や常識で、場合によっては歯周病で歯科医にかかっていて糖尿病が発覚することさえあります。このため最近では内科医にもこの関係が知られるようになってきました。

まず糖尿病と歯周病の関係ですが、糖尿病では高血糖の状態になるため、血流に障害が発生することが知られており、細い血管は塞がり、太い血管では動脈硬化が進むことが分かっています。これは歯肉内でも同じ事で、歯肉内の毛細血管の血流が悪くなることで、免疫細胞も機能しにくくなり、歯周病菌の感染が容易な状態になってしまいます。また歯周病を発症している糖尿病患者では歯周病治療でプラークコントロールをすると血糖値が下がったと言う報告もあり、相互の関係性が指摘されています。

歯肉は分かるがそれだけでは虫歯には関係ないだろうという人もいますが、糖尿病は歯にも重大な影響を与える事になります。口腔内は唾液によって殺菌され、通常であれば虫歯菌にも有効に働きますが、糖尿病の合併症の1つに口腔乾燥症と言うものがあり、唾液が減って口腔内が乾燥してきます。こうなると口腔内が酸性に変化し虫歯菌が増殖することになります。また歯周病と同じメカニズムで免疫力が低下しているため、虫歯菌への感染が加速し虫歯が増えてしまうことになります。

したがってこれらの糖尿病がもともとの引き金を引いたことで発症した歯周病や虫歯は、通常の治療のほかに糖尿病自体の治療で血糖値を下げなければ、これ等の菌への感染のし易さは変らず、すぐに再発と言うことになりかねません。血糖値のコントロールとプラークコントロールが出来れば、両方の症状が相乗的に良くなることも考えられますので、放置するようなことはせず、専門医のところで治療に励んでください。

糖尿病にしろ、歯周病・虫歯にしろ早期発見・早期治療を心掛けたいものですが、早期に発見するためには、糖尿病は定期健康診断や特定検診(いわゆるメタボ検診)を毎年欠かさず受けることが重要です。また歯周病・虫歯はまだ定期健康診断で行われているところは少ないため、年に1度歯科医の所に行って、口腔内のチェックを行ってもらう習慣を付ける事が必要でしょう。今や糖尿病は国民病とまで言われるようになりました、誰でも発症の危険があるということを忘れてはいけません。

糖尿病患者は一生間食できないのか

糖尿病の患者は食事療法でそれでなくても厳しく摂取カロリーを管理されているのに、間食なんてとんでもないと言われそうですし、実際にそのように考えている医療関係者は多いです。しかし最近では間食であっても摂りかたをうまく管理できれば、構わないのではないかと言う医療関係者も増えていることは事実です。ただしその場合でも1日分の摂取単位が増えるわけではありませんので、過剰な期待をしている人は、まず落ち着きましょう。

はっきりさせておかなければならないのは、間食を入れると食事に回せる単位は減ります。間食に賛成している医療関係者は、3食+2間食で1回1回は少ない摂取量にして血糖値の変動を出来るだけ減らすほうが良いと考えているだけであって、摂取量を少し増やすことを期待している患者の考えに沿うものでは有りません。もしそういうことを考えているのであれば、間食などと言うものは考えないようにしたほうが良いのではないでしょうか。

さてそこですこし間食に単位を割くことにして、摂取するものとしてはどのようなものが考えられるでしょうか。今現在間食をしている糖尿病患者を調査してみると多くが1単位程度果物を摂っているようです。しかし果物好きは良いですが間食と言ったらケーキでしょと言う人は非常に多いはずです。残念ながら普通に売られているケーキの大部分は1単位に収まるものでは有りません。ですから従来的に考えれば諦めるほかはありませんでした。

ところが糖尿病患者の苦渋を知ってか知らずか低カロリーケーキなるものが存在しています。本来の目的から言えばダイエットをしている人をターゲットに考えていたものが糖尿病患者から注目される結果となったのではないかとも思いますが、とにかくこういうものを放っておく必要は有りません。近くのケーキ屋さんに売っているのであれば、一度利用してみてください。パティシエさんも工夫して、なかなかの味に仕上がっていると言うことです。

そんなの近くに無いよと言う人は、通販を探してみてください。ケーキは無理でも何らかのお菓子であれば、見つかるかもしれません、最終手段としては自分で作るか、誰かに頼んで作ってもらうと言う手が有ります。その場合は良く調べてカロリー計算をしっかり行ってください。ここまでして食べたいかとも思ってしまいますが、たまには間食を楽しむのも良いことですし、これからも頑張ろうという気になるのであれば、ぜひ頑張ってみてください。

糖尿病専門医ってどんなお医者さん

学問が進んでいくと、以前は1つの分野であったものが2つ3つと専門分野が細分化されていくのが普通です。医学分野もその1つで数々の専門分野に別れ、多くの医師が今や自分の得意分野以外はなかなか先端医療が分からなくなってしまっているのが現状です。糖尿病も例外ではなく基本的なことは分かっても、最新治療がどのように行われているかなどには詳しくない医師は珍しく有りません。しかし患者にはどの医師が糖尿病に詳しいのか見分けるすべがありませんでした。

こうした背景で登場してきたのが専門医制度で、それぞれの分野の学会(糖尿病の場合は日本糖尿病学会)が専門医としての知識を持っている医師を専門医として認定する制度です。糖尿病だけではないのですが、専門医として認定されるためには当然、決められた要件を満たす必要があります。糖尿病の場合、その要件の第1は日本糖尿病学会に3年以上所属していること。要件の第2は日本糖尿病学会が認定する教育施設で3年以上研修を受けること。

要件の第3は糖尿病の臨床経験から、学会で発表するか論文発表が2編以上ありいずれも筆頭者であることが必要です。この要件をすべて満たした場合日本糖尿病学会が糖尿病専門医として認定します。ただ患者さんが自宅に最も近い糖尿病専門医を探そうとしてもなかなか見つけにくい場合もあるため、インターネット上で検索できるようなサービスを行っているWebページも存在しています。なかなか見つけられないという場合には、このようなサービスを利用してみてはいかがでしょう。

ただし糖尿病専門医を利用しようと言う場合に注意が必要なのは、学会の認定と言えども、専門医イコール名医と言うことでは有りません。一定の要件を満たしていると言うだけの話で患者にとって頼れる存在であるのかどうかと言うことは一概には言えません。そこで糖尿病専門医を探す場合は、認定を受けていると言うことだけではなく、一般の評価についても調査してみたほうが安心できます。糖尿病専門医でかつ世間の評判も上々と言う医師に診て貰いたいものです。

糖尿病専門医は大変頼りになる存在であるとは思いますが、もし日頃から診てもらっている主治医が居る場合には、まずはその先生に診てもらうのが一番です。主治医と言うことで糖尿病以外の病気も把握していると考えられますので、その先生に相談した上で、糖尿病専門医の所に行ったほうが良いのであれば紹介状などを貰って、様々な情報を引き継いでもらえるようにしたほうがより安心できるでしょう。