糖尿病

低血糖を防止するための補食とは何か

糖尿病は血糖値が高くなる病気なのに、低血糖ってどういうことだと言われそうですが、薬物治療をしているような重度の糖尿病患者にはときどきあることで、そういう患者さんはそういうときのために捕食と呼ばれるものを常に携帯しています。これを携帯していないと、低血糖になってしまった場合、そのまま昏睡状態を起こし、悪くするとそれっきりと言うことも有り、非常に怖い状態と言えます。それを防ぐのが捕食の役割です。ではなぜ低血糖になってしまうのか、から考えて見ましょう。

高血糖の糖尿病重症患者は経口血糖降下剤かインスリン注射を利用して血糖値を下げています。薬剤はその糖尿病患者に合わせて量などが調整されていますが、人間の体と言うのは大変微妙なもので、時としてこの薬剤が効きすぎることが有ります、こうなると必要以上に血糖値が下がってしまい低血糖という状態になります。低血糖を起こす理由は、食事の量が少なかった、下痢をした、沢山運動した、お酒を沢山飲んだなどが考えられます。

そこでこのような原因で低血糖になると考えられた場合に予防として、食べるのが捕食と言うものです。カロリー的にはだいたい2単位程度になりますが、ビスケットや果物などを食べておくことが多いようです。本来であれば、前記の理由に挙げたようなことを防がなければなりませんが、だれでもたまにはそういうこともあるため、予め捕食が出来るように準備しておき低血糖が進まないようにすることが重要です。忘れていたなどと言うことが無いようにしましょう。

もし捕食もできず、低血糖が進んでしまうと、発汗、手足のふるえ、動悸などが見られるようになり、更に進むと眠気、めまい、ろれつが回らなくなり、ついには昏睡状態に陥ります。このような症状が見え始めたら、緊急にブドウ糖を摂取することが必要です。持っていない場合は砂糖で代用しますが、砂糖の効果は遅れがちになりますので、できれば糖尿病で薬物療法を受けている場合には、必ずブドウ糖を所持しておくことが重要です。

症状の現れ方は患者ごとに違うため自分の症状がどのように現れていくのか良く憶えておきましょう。また昏睡状態になった場合の対処として家族や職場の同僚など身近な人に対処法を教えておき対処してもらうことも必要です。できればこういう状態が避けられるように、低血糖状態になるようなことをしないこと、或いは捕食によってこういった状態を回避することが大切です。薬物治療をしている糖尿病患者はいつも十分な準備を怠らないようにしておきましょう。

緑茶の糖尿病予防および改善効果

糖尿病は生活習慣の乱れなどが原因で血糖値が高い状態になってしまう病気ですが、日本でも高度成長期を通して食糧事情が改善すると徐々に発症する人が増加して現在では国民病とまで言われるようになってしまいました。この間食事の傾向を見てみると、日本食から徐々に欧米化が進んで、現在では朝はパンとコーヒー、夕食にはお肉と言う人も珍しいことでは有りません。つまり日本的なご飯に飲み物は緑茶、夕食はお魚という人は徐々に少なくなっていると言うことです。

ところがいくつかの研究結果で緑茶が高血糖を低め安定化させるという報告が上がってきました。これが本当だとすると、日本人はもともと大変良い食生活をしていたのに、豊かさを得る途中で、方向が変わってしまい、食生活が糖尿病になり易いものに変ってしまったと言えるでしょう。もちろん欧米化してコーヒーや紅茶を飲んでいるとしてもそれはそれでよい効果がある分野もあるので一概にどちらがいいというわけではありませんが、糖尿病に限って言えば緑茶には改善効果があるということです。

また最近行われた研究の実験では、60人の糖尿病になる前の境界型糖尿病の人を対象に含まれるカテキンを一定量にした緑茶を毎日飲むグループと飲まないグループに分けて、2ヵ月後にヘモグロビンA1cを測定した所、飲むグループは低下し、飲まないグループは変化が有りませんでした。この後飲まないグループにさらに2ヶ月間今度は緑茶を飲ませた所、同じようにヘモグロビンA1cが低下しました。つまり予防効果も確認されたわけです。

以前はほとんど誰でもが緑茶を飲んでいましたが、残念ながら最近では緑茶を好まない人も増えています。しかし緑茶には糖尿病のほか癌の発症を抑える効果などもあるのではないかといわれており、様々な効果が期待できそうだと言うことが分かってきました。できれば緑茶の良さを見直して欧米化した食事であっても、飲み物の1つとして食事に組み入れることを考えてみても良いのではないでしょうか。和洋折衷になりますが、そんな区別をする必要は無くヘルシー志向のメニューを考えることが大切です。

日本人は戦後一貫して欧米化の道を歩んできました。それでうまく言っている面も沢山ありますが、食事と言う面では日本食の持つヘルシーさが失われてしまったことが残念でなりません。最近になって、欧米のほうから日本食が見直されて、逆輸入されて日本人が日本食を見直しているのが皮肉としか言いようが有りません。緑茶も大変健康的な飲み物であることが分かって、今後飲んでくれる人が元のように増えて欲しいものです。

糖尿病に漢方薬は有効なのか

糖尿病は食べすぎや運動不足などの生活習慣が原因で肥満となり、これが引き金となって膵臓機能が低下してインスリンの分泌量が減り、血中のブドウ糖濃度が高くなってしまう病気です。そこで治療としては高血糖になった状態を改善するのが目的で、通常行われる治療としては、食事療法、運動療法、薬物療法が知られています。しかしこの薬物療法で用いる薬剤はすべて西洋医学における薬物で、東洋医学で用いる漢方薬には効果的に血糖値を下げる薬剤はありません。

このため漢方薬の出番は食事療法や運動療法、薬物療法などを行う際、体に無理が出て来たときに、漢方薬によってこれを緩和するとか、あるいは合併症によっては予防したり治療することができることもあります。ですから漢方薬は糖尿病自体については使っても効果がないと言いわれますが、薬によってバランスが悪くなった体調を整えると言う意味合いにおいて有効に利用することが出来ると言えるのではないでしょうか。

まず食事療法と運動療法に対応するものとしては、肥満の解消に効果のあるものや、糖尿病の症状である口の渇きや多尿、倦怠感の解消に効果のある漢方薬が役に立ちます。体質改善という面では西洋医学よりも漢方薬のほうが無理なく行える場合も多いため、糖尿病治療で漢方薬を用いるとすれば、この初期こそ最も効果が出やすい時期と言えるでしょう。ただし漢方薬を服用するからといって食事療法や運動療法をおろそかにすることは出来ません。

薬物療法が始まってしまうと糖尿病自体を改善することは漢方薬にはできませんが、初期と同じく対症療法として糖尿病の症状を改善したり、動脈硬化や糖尿病性腎症の予防・進行を防ぐ働きを持つものがあります。これらを使えば、合併症の予防や重症化を防ぐことが出来る場合が有り、透析などを回避できる可能性があります。漢方薬は個人の体質に合わせて調合されますので、利用したい場合は医師に相談して、効果的に使ってください。ただしあくまで薬物療法の補完的役割での利用になります。

インスリン注射をしている場合には、糖尿病に対しては漢方薬の効果は有りません。しかしやはり合併症に対しては効果がある場合もありますので、そういう意味での利用法として医師に相談するのも良いでしょう。

最近では漢方薬の効果が見直されつつあり、多くの病気で効果を上げていますが、残念ながら糖尿病においては、それほどの効果はありません。どうしても利用したいと言って医師を困らせるようなことをしてはいけません。医師の判断に任せるべきです。

糖尿病の民間療法はほとんど効き目は無いと思いましょう