糖尿病

糖尿病患者のレシピの作り方

糖尿病を発症するとまず行わなければならないのが食事療法と運動療法ですが、とくに食事療法は自分の適性カロリーに合わせてメニューを作り、レシピを考えて調理しなければなりません。しかしいきなり食事療法が必要と言われて、単位の計算をして馴れない低カロリー食のレシピまで作るのはそう簡単な事では有りません。しかも糖尿病は自覚症状が無いため、途中で投げ出してしまう人もいて、症状を悪化させて後で泣くことになる人も少なく有りません。

では食事療法のレシピを作るにはどうすればよいのでしょうか。糖尿病になるとまず決められるのが一日の摂取カロリーです。これは患者ごとに症状の進度と血糖値を見て算定されます。従来はこのカロリーで食品を選ぶことになりましたが、各食品のカロリーなんて専門家以外に知っている人は少ないため、考えられたのが食品交換表と単位と言う概念です。単位は1単位=80Kcalとして糖尿病患者が一日に摂取できる単位を計算します。

食品交換表には各食品を似たようなもの毎に6つの種類に分けて、各種類から食品を選べばバランスの良い食事ができるようになっており、それぞれの食品に単位が決められていて自分の摂取できる単位に合わせるように選べるようになっています。しかしこれで食べられる食品を選んだとしてもそれを使ったメニューを考えて、レシピを作らなければなりません。これは料理の経験を積んだ主婦などではできるかもしれせんが、外食ばっかりしていた人にはちょっと厳しいですね。

結局料理は経験を積んで少しずつレパートリーを広げていくしかありませんので、一朝一夕に出来るものでは有りません。そこで利用したいのが、レシピ本やインターネット上に公開されている糖尿病用のレシピを公開しているサイトを参照することです。他力本願かもしれませんが最初はこれらにあるとおりに作ればよいですし、少しずつ食品を変えるなどして、自分なりにアレンジしていけば自分用のレシピも沢山できるようになります。

糖尿病用のレシピに限った話では有りませんが、料理を習うのは最初は、他の人の真似です。いきなり自分のオリジナルを作るのは難しくても、自分なりに工夫を加えることは出来ます。そのうちに材料を選んだ段階でレシピも頭に思い浮かぶようになってきます。馴れないうちは時間もかかって嫌になることもありますが、だんだん短時間で要領よくできるようになりますので、途中で投げ出すようなことは止めて、病気に勝てるようにしましょう。

糖尿病は失明の原因になります

糖尿病には様々な合併症がありますが、特に危険で多くの人が発症するものに3大合併症と言われるものがあり、その中に糖尿病性網膜症と呼ばれるものが有ります。この糖尿病性網膜症は放置していると失明してしまいます。そのため発症したときには自分は失明の危機にあるのだという危機感を持つ必要が有ります。糖尿病を発症してしまったら、定期的に眼科医に行って眼底検査を受け早期発見・早期治療が行えるようにしておかなければなりません。

糖尿病性網膜症の原因は、糖尿病に伴う血管障害で、網膜への酸素の供給が不足するため、新しい血管をつくるためのホルモンを放出して、新しい血管を作ります。しかしこの新しい血管は非常に脆いためしばしば出血にしてしまうことが有ります。この出血が目に対して様々な悪影響を及ぼすのではないかと考えられていますが、この影響がどのように網膜症に至るかについては残念ながらまだ詳細な解明までには至っていません。症状としては視力の低下から始まって、ついには網膜剥離を起こして失明に至ります。

こう言ってしまうと糖尿病になってしまうと、必ず失明してしまうように思う人がいるかもしれませんがそんなことは有りません。まず糖尿病が発症してから糖尿病性網膜症が発症するまでに数年長い場合は10年程度かかります。したがってその前に血糖値のコントロールを確実に行っていれば、糖尿病性網膜症の発症は抑えられるでしょう。また糖尿病性網膜症を発症してしまったとしても、早期に発見して適切な治療を受ければ失明に至ることはありません。

ただし、糖尿病には自覚症状が無く、同じく糖尿病性網膜症も初期には無症状であるため、糖尿病が発症していることが分かる頃には既に20%の人は糖尿病性網膜症も発症していると言われています。つまり糖尿病性網膜症を発症させないための貴重な時間を知らずに経過してしまっていると言うことになります。気を付けていれば糖尿病の初期の、まだ糖尿病性網膜症も発症していない段階で発見できていたはずなので、大変残念なことです。

確かに自覚症状が無いと言うことは、発見し難いものですが、そういうこともあるからこそ定期健康診断というものが職場や自治体で行われているわけです。それさえ毎年受けていれば糖尿病を発見できない訳はないのです。健康だと思っている人が病院に行くのは面倒なのかもしれませんが、あとあと入院することになったりするよりもずっと良いのではないでしょうか。ぜひ今年からでも定期健康診断を受けて、失明などと言うことにならないようにしてください。

スポーツドリンクの飲みすぎは糖尿病を招く

汗をかくと喉が乾いて水分が欲しくなります。そこで考えられたのが体液の成分に近いスポーツドリンクで、最近では多くの子供が持ち歩いているのを見かけます。しかしいくら体液に近いとは言っても、このスポーツドリンクには多量の糖分が含まれています。その量は、コーラやジュースに含まれる糖分と変りません。したがってコーラやジュースよりはスポーツドリンクのほうがずっと良いと考えて子供に持たせているお母さんが多いのでしょう。

ある意味ではその通りなのですが、反面この多量の糖分を良く考えず、毎日毎日多量に飲み続けると、通称ペットボトル症候群を起こすことになります。このペットボトル症候群こそ急性糖尿病そのものです。現在多くの子供がこの急性糖尿病で病院に運ばれています。つまり良かれと思って持たせているスポーツドリンクが糖尿病の引き金を引いてしまったということです。もちろん大人でも同じ事をすれば同じように糖尿病になります。大人の場合は代謝が低いですからもっと早く発症するかもしれません。

それじゃあ何を飲めばよいのだと言われそうですが、もし糖尿病の化があるのであればスポーツドリンクは避けて水あるいは緑茶がお勧めです、家に居るなら白湯も良いでしょう。糖尿病の化が無いのであればスポーツドリンクを多くても1日1本、半分ぐらいを水で薄めてもいいでしょう。あとは水または緑茶にしておきましょう。他の清涼飲料水を飲むのであれば、スポーツドリンクは止めておいてください。

よく仕事中に暑い暑いとゴクゴクスポーツドリンクあるいは清涼飲料水を飲んでいる人がいますが、多くは隠れ糖尿病であったり、糖尿病そのものだったりします。そういう習慣のある人は、今すぐ病院に行って糖尿病の検査を受けてください。糖尿病ではなかったとしても近く糖尿病になりますので、悪いことは言いません習慣を改めて暑いときは水か緑茶をゴクゴク飲んでください。ただしあんまり飲みすぎるのも良くないのでほどほどにしておきましょう。

このように残念ながらスポーツドリンクには悪影響もあるということを忘れてはいけません。ですからお子さんに対して毎日持って行かせるということは止めて、なにかイベントがあってすごく汗をかき疲れそうなときだけ持たせるとか、工夫してのみ過ぎないようにコントロールしてあげましょう。大人もまったく同じで、喉が渇いたら常にスポーツドリンクという選択ではなくて、汗をかいて筋肉疲労も激しいようなときにはスポーツドリンクにするなど良く考えてから飲みましょう。