糖尿病

糖尿病の血管合併症の病気にはどんなものが有るか

糖尿病には数え切れない合併症があります。中でも有名なのが3大合併症といわれるものですが、これ以外ににも重要な合併症は沢山あり、血管合併症と呼ばれるものもこのうちの1つです。これには狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症が含まれていて、この3つを大血管合併症と呼ぶことも有ります。いずれが発症しても命に関わる病気ばかりで大変怖い合併症と言え、糖尿病と診断されたら十分注意する必要が有ります。

虚血性心疾患は心臓への血流が低下してしまうことから狭心症や心筋梗塞を発症するものです。狭心症や心筋梗塞は冠動脈疾患とも言われますが、血流が滞って心筋が壊死してしまったものを心筋梗塞と言い、壊死に至らない場合を狭心症と言い、どちらも大変な痛みを伴います。この冠動脈の血流の低下の原因には様々なものが考えられますが、このうち糖尿病の合併症と言われるのは糖尿病による動脈硬化が原因とされています。

脳梗塞は脳への血流が低下する事によって発症します。脳梗塞は以前は脳軟化症と言われ、血流の低下により、脳の一部への栄養供給が止まり、壊死してしまう病気です。部位が脳と言うこともあって、意識障害、言語障害、麻痺などを伴うことが多く、発症後介護が必要になる場合もたいへん多くなっています。この血流の低下には様々な原因がありますが、虚血性心疾患と同じように糖尿病による動脈硬化も大きな原因の1つに数えられています。

閉塞性動脈硬化症もやはり血流の低下により発症しますが、発症部位が多くの場合下肢の大血管で起こります。様々な症状が出現してきますが、最初は下肢の冷えから始まって痛みによる歩行困難、疼痛、下肢の壊死などに進んでいきます。糖尿病の場合、末梢神経障害によって痛みを感じにくくなっている場合もありますが、通常は症状が進むにしたがってかなりの痛みを感じるようになります。この場合も糖尿病による動脈硬化が大きな原因になります。

これらは要は糖尿病に起因する動脈硬化が引き金を引くわけですから、これらの合併症を事前に防ぐためには糖尿病を早期に発見するしか方法が有りません。そのためには誰でもが糖尿病を発症する可能性があると言うことを認識して、こまめに検査を受け、できるだけ早く発見できるようにすることが重要です。おすすめは年1回の定期健康診断ですが、そういう機会が無いと言う場合には自分で自宅で出来る検査キットも販売されていますので、利用してください。

糖尿病の皮膚合併症の病気にはどんなものが有るか
糖尿病の下肢合併症の病気にはどんなものが有るか

糖尿病患者の足の傷は壊疽から切断に至る可能性があります

糖尿病患者が足に壊疽が出来てしまい切断せざるを得なかったと言う話は良く聞きます。糖尿病患者にとっては大変怖いことですが、なぜ壊疽が出来るに至ったかと言うメカニズムをよく理解していない人も多いのではないでしょうか。これには糖尿病による動脈硬化が関係していますが、糖尿病の場合、自覚症状が無いため、本人はそれほどの深刻な状態だと考えておらず気が付くとひどい事になっていたというようなことがたびたび起こっています。

足はあまり目が届かず、傷や虫刺されなどがあっても気付かない場合すらありえます。普通はこれでも自然治癒してしまいますが、糖尿病の場合そう簡単には治らず、かえって傷口が広がってしまい、はじめておかしいと思うようなことがあります。この原因は糖尿病による動脈硬化によって、神経障害や血管障害が発生することで免疫機能に影響を与えて免疫不全をなどを起こして傷が治らず、広がって行きついには壊疽を起こして切断せざるを得なくなってしまいます。

まず考えられるのは血管障害の場合で、体の末端に当たる手足(特に足)の血管が詰まった状態になってしまい栄養をまわすことが出来なくなったり、白血球が届かなくなって病原菌に弱くなってしまい、ついにはかなりの痛みを伴って壊疽を起こすことになります。壊疽を起こした場合、治療は出来ず切断するしか方法が有りません。この場合神経障害が小さい場合には痛みを感じますので、早めに気付き対応できる可能性も考えられます。

次に考えられるのは、神経障害の場合です。神経障害が進んでいると痛みを感じにくくなりますので、傷などが出来ても気付くことが難しく血管障害だけの場合に比べても非常に発見が難しくなります。これに血液障害が加わって壊疽に至りますが、この場合壊疽しても痛みを感じにくいため、重大事だと言う認識に欠けることも考えらます。このため病院に行くのが遅れることにも繋がってしまいかねず、十分注意する必要が有ります。

このように小さな傷が取り返しの付かない状態にまで進むことが有ります。このため糖尿病の患者の場合、常に体の末端(特に目の行き届かない足)には常に意識的に注意を向け、寝る前などに傷は無いか、虫刺されは無いかなどに注意を向けて観察する習慣をつける必要があります。また爪を立てて掻くようなことも意識的に止めるようにしましょう。さらに傷を負いやすい肌をむき出しにするような格好は止め、必ず靴下や長めのズボンなどを着用して足を保護しておくことが重要です。

糖尿病の皮膚合併症の病気にはどんなものが有るか
糖尿病と免疫不全の関係
糖尿病と創傷治癒遅延の関係

糖尿病の症状にはどのようなものが有るのでしょう

糖尿病は自覚症状が無い病気として知られ気付いたときには命にかかわるような事態になるというサイレントキラーの代表格の病気です。このため糖尿病は自覚症状から発見されることは少なく、定期健康診断や他の病気の検査のときに偶然発見される場合、糖尿病の合併症を併発し合併症の症状から実は糖尿病であったと言うことが発覚する場合などがほとんどです。では糖尿病には症状が無いかといえばそんなことは無く、実は初期の段階から極僅かではありますが兆候が出ています。

糖尿病の場合の自覚症状としては、極初期では、疲れやすくなり、手足の痺れを感じたり、便秘になったりします。少し進行すると次には喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどが現れます。これ等は糖尿病でなくても、それなりに現れるものですので糖尿病を疑うには無理が有ります。本来であればこの程度になるまでに発見治療を行うことで、合併症の発症を防ぐ事ができるのですが、自覚症状だけでの発見は難しいでしょう。

この時期を過ぎても、糖尿病自体の症状はあまり現れることは無く、おもに合併症に起因する症状が現れるようになります。たとえば糖尿病性網膜症による視力の低下糖尿病性腎症によるむくみや倦怠感糖尿病性神経障害による便秘、立ちくらみ、勃起不全のほか皮膚にも様々な炎症が現れることが有ります。また動脈硬化も見られ、これによる様々な症状も現れるようになります。これ等はそれぞれの合併症による症状ですが、病院に行くと同時に糖尿病の検査も行われます。

このほかにも様々な合併症が併発される可能性がありますので思わぬ症状が出てくることもあります。いずれにしてもこれらの合併症による症状が見られ始めたということは、体内ではかなり糖尿病が進行していると考えて間違い有りませんので、医師の指導に従ってすぐに治療に取り掛かることが重要です。まずはそれ以上合併症が進まないようにすることが必要で、失明したり透析が必要な事態になったりしないように注意してください。

このように糖尿病は気が付いたときには、とんでもない事になっている可能際が有ります。こういうことが無いようにするためには冒頭で説明したように、度々検査をするしか方法が有りません。少なくとも年に1度は定期健康診断などを利用して血糖値のチェックをする習慣を付けましょう。またちょっとおかしいと思ったらとにかく医師に診て貰いましょう。何でもなければそれは良かったで済ませばよいのです。