糖尿病

糖尿病の名医とはどのような医師を言うのか

糖尿病に限らず病気の場合はなるべく頼りになる俗に名医と言われる医師に診て貰いたいと考えるのが普通ですが、名医にめぐり合うためにたびたび病院を替えたり、2重3重に診察してもらうような人もいるようです。最近では医療の世界でも情報化が進んで、糖尿病に関する知識の先端情報にも容易に触れることが出来ますので、病院によって情報に格差があることは考えにくいため、どの病院であってもそれなりの治療は受けることが出来ます。

したがって名医であろうがなかろうが治療と言う観点でそれほどの違いが出てくるということはないでしょう。しかし臨床経験の違いは担当した症例数の違いにも結びついて、治療や診断に経験に基づいた直感のようなものが働くようになりますので、この点では臨床経験が多いほうが名医と言えるかもしれません。そこで糖尿病の名医の1つの考え方として、日本糖尿病学界が認定する糖尿病専門医と言う制度が有ります。この糖尿病専門医は臨床経験や論文発表などによって認定されています。

糖尿病専門医はまだ人数がそれほど多くは有りませんが、インターネット上から検索できますのでそこから近くの病院を探すことが出来ます。しかし名医の定義を変えて、患者の面倒見の良い何でも相談できるような言うなれば人情派の医師のことを言うのであれば糖尿病専門医が名医であるとは言い切れません。糖尿病専門医は多くは大病院や大学病院などの医師で、個人病院の医師などに比べるとなかなか面倒見が良いというような対応は難しいはずです。

したがって名医と言うのは患者が何を求めているのかによって違って来るわけです。ですから名医を探そうと思ったら、まず医師に何を期待しているかを良く考えて、知識・臨床経験を望むのであれば糖尿病専門医を、面倒見の良い医師を望むのであれば、糖尿病患者のコミュニティなどで口コミでさがしてみてはいかがでしょう。以前は口コミと言うと近所に限定された情報になりがちでしたが、最近はインターネットの発達でもっと広範囲の情報に触れることが出来るようになっているので信頼性も高いです。

ただし、これは糖尿病になって初めて病院にかかる人の話です。以前から何らかの病気で病院に行っている人は、主治医という存在がありますので、糖尿病が疑われた場合でも、先ずは主治医に診てもらうことが一番良い方法です。主治医は今までの病歴も理解していますので、治療方針も立て易く、もし自分には手におえないと考えた場合には、病歴などと共に、信頼のおける医師に紹介してくれることも考えられます。

プールでの運動は糖尿病に大変有効です

糖尿病の治療は食事療法と運動療法が基本ですが、運動療法では、従来では設備が必要なようなものは難しいので、普通は散歩あるいはジョギングでした。しかし最近では近所にフィットネスクラブなどができて、いろいろな運動をすることも比較的容易な環境になりつつあります。そこで運動療法でもこれを使わない手は有りません。多少お金がかかりますから万人向けとは言えませんが、散歩などと組み合わせて、利用回数を絞れば安く済む可能性も有ります。

一番のお勧めは、何と言ってもプールです。プールというのは意外に全身を使う運動が出来ますので、散歩よりも効率的に有酸素運動が出来、エネルギーを使うことになります。水泳に馴れている人は水泳をして下さい。毎日散歩していたものを、週2回は水泳に替えるだけでも良いですし、休みの日だけと言うのでも構いません。とにかく水泳を入れることで、運動にバラエティが出来て運動療法を長続きさせやすくなるという利点もあります。

水泳に馴れていないと言う人は水の中を歩いてみましょう。それだけで散歩するよりも水の抵抗があるために、全身の筋肉を使うようになって、かなりのエネルギーを消費するようになります。この場合も散歩と組み合わせることで変化が出来て、大変良い刺激になります。フィットネスクラブによっては糖尿病患者向けの指導をしてくれる指導員がいるところもありますので、そういう場合には一度相談して、運動療法のメニューを作ることもできます。

フィットネスクラブのようなものが無い場合には夏だけと言うことになりますが、屋外プールあるいは海水浴場を利用することも可能です。ただ屋外プールの場合は利用料は安いかもしれませんが、人が大変多いと考えられるため、あまりにも多く運動にはならないと判断した場合は、やはり散歩にしておいたほうが良いかもしれません。いずれにしても、無理は禁物ですが、利用できるものは利用して出来るだけ効率的な運動療法にすることが重要です。

これは水に対して抵抗感の無い人向けの運動療法です。もし、水に抵抗感があり、水に入ることをストレスに感じる人の場合は、いくら効率的に運動が出来るとは言っても、ストレスも蓄積されて逆効果になってしまいますので、プールは止めて、散歩にするか、フィットネスクラブを利用するにしても何か別の運動を選択してください。運動療法は苦しんでやっていては長続きしません。楽しく出来るのが一番で、その点は忘れないようにしましょう。

糖尿病に効果的な散歩のタイミング

シナモンは糖尿病に良いのか

完治が難しい病気の場合、様々な食物が効くという話が出てきますが、糖尿病も例外ではなく『○○は血糖値を下げる』というものがいろいろと出てきます、多くは眉唾ですが、本当に統計的な効果が見られるものもあります。シナモンもその1つで、従来は民間療法的な扱いしか受けていませんでしたが、最近では学術的な研究課題として研究している研究者も居ます。シナモンと言うと分からない人も桂皮、桂肉、ニッキなどと言えばどこかで聞いたことがあるでしょう。

シナモンはクスノキ科の常緑樹で、それから作った香辛料を通常シナモンと言っています。従来から薬効があると考えられ、漢方薬では温熱作用があるとされて多くの薬に使われています。最近ではシナモンロール、シナモントースト、シナモンティーなどで馴染みが深くなってきており、従来からあるものとしては仁丹が有名です。しかし従来これが糖尿病に良いとして利用されたことは無く、最近になって糖尿病改善に効果があるという話がささやかれるようになりました。

アメリカでは従来からシナモンが血糖値を下げると言うことが言われていましたが、2003年になって糖尿病ケアの一流誌に一日に1gのシナモンを40日間摂取することで血糖値を下げることができたと言う論文が掲載されました。これによれば摂りすぎは良く有りませんが、シナモンを摂取している人はしていない人に比べて血糖値、コレステロール値、中性脂肪値が30%以上低下したとされ、シナモンには糖の吸収を高めるとの効果があるとしています。

また日本においては摂取する場合のほか、アロマテラピーとして利用する方法も紹介されています。これらの方法は未だに学術的は裏付けが確立されていると言う状況では有りませんので、利用を勧めるということは言えませんが、1日1gであればスパイスとして利用しても良いので、関心がある場合は試してみる価値はあるのではないでしょうか。朝はシナモントーストを食べるなりシナモンティーを飲むなりの習慣を持つのも良いでしょう。

ただし、シナモンの多量摂取は良くないとされており、効果があるならもっと沢山食べようなどとは思わないようにしましょう。前記の論文では1g以上摂取しても効果は変らないとされていますし、特に妊娠中の多量摂取は問題があるため、1g以上の摂取は控えておきましょう。たとえ将来効果が否定されたとしても、味気ないとされる糖尿病食に変化を与えるためには、良い材料になります、食事を楽しむために使ってみても良いのではないでしょうか。

糖尿病の人はコーヒーの飲み方に注意