糖尿病

糖尿病を早期に発見するためにはどうすればよいか

糖尿病に限らず、病気は早期発見・早期治療が早く完治出来る最も良い方法だといわれます。多くの病気はまず初期に出るといわれる自覚症状を捉えるのが普通ですか、糖尿病では初期の頃は自覚症状が無くなかなか早期発見が出来ません。またたとえ自覚症状があったとしても、それを怖い病気に結び付けて考えることはなかなかできることでは有りません。いろいろ考えるよりもこういう症状が出ているときは何々が疑われるというように機械的に考えるほうが良いのかもしれません。

それでは糖尿病の場合どのような症状を捉えればよいのでしょうか。糖尿病患者に聞き取り調査をしてみると、あくまで後から考えるとということになりますが、疲れやすい、手足にの痺れを感じる、便秘などを感じることがあると言っています。しかしこれを病気と結びつけて考えるのは素人には難しい話です。少し進行すると喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどが現れ始めます。これらの症状になると多くの人は気付くようです。

しかしこれを病気と結びつける人はまだ多くはなく、ちょっと最近おかしいなくらいにしか思いません。しかし糖尿病の場合これ以上症状が進行してしまうと合併症も現れてくるため、自覚症状で早期発見を考える場合にはこの時点で病院に行くことが重要です。ですから最近ちょっとおかしいなと思ったら、糖尿病かどうかはともかく一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。何もなけれが、良かったねで済ませばよいのですから、とにかく検査だけでもしてみてください。

自分は鈍感でとてもその程度の自覚症状では気がつかないという人は、自力で早期発見につなげることは無理です。そのため早期発見を期すには、定期的な検査しか有りません。幸い日本においては職場や自治体が毎年定期健康診断を実施しており糖尿病についての検査項目も入っています。また40歳以上の場合には特定検診(通称メタボ検診)が行われています。そんなものは受けに行ったことが無いという人は今年からでも行くようにしてください。

どうしても行きたくない、行けないという人は、自宅で自分でできる検査キットが販売されていますのでそれを使う手は有ります。また数年に1回は人間ドックを受けることお勧めします。定期健康診断では掴みきれない病気の兆候も見つけられます。こういった検査でもし糖尿病が疑われるという結果が出たら、すぐに病院に行って、確定診断を受けるようにしましょう。これで極初期というのは無理でも早期発見できるようになるはずです。

糖尿病では進行しても自覚症状が無い場合があります

糖尿病に限らず多くの病気では発症したとしても初期には自覚症状をほとんど感じないものが少なく有りません。しかし多くのものは少し進行してくると何らかの自覚症状が出始め、病気を完治することが出来ます。ところが糖尿病は昏睡状態で病院に運ばれ緊急入院になるまで、分からなかったという人もいるほど自覚症状に乏しい病気です。また糖尿病に伴う合併症の症状が現れてよくよく調べてみると、そもそもの始まりが糖尿病だったということも珍しいことでは有りません。

糖尿病の場合の自覚症状としては、発症が分かってから良く考えてみると実は何らかの体の異変が起こっている場合が多いようです。先ずはじめは、疲れやすくなり、手足の痺れを感じたり、便秘になったりします。しかしこれ等は、誰でもたまに感じるようなもので、これだけで糖尿病を疑えと言うほうが無理です。少し進行すると次には喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどが現れはじめますが、これでもやはり余程意識していないと糖尿病とは思いません。

結局これ以上に進んでくると合併症のほうが現れ始めて、様々な症状が出てくるに及んで糖尿病が発覚するケースや、たまたま合併症の症状が見られず或いは放置し続けて、ついには冒頭のように昏睡状態になって運ばれ、悪くするとそのままあの世に行ってしまう事態にもなりかねません。糖尿病というのはこのように怖い病気なのです。こういう病気をサイレントキラーと言います。では自覚症状が無い中でどのように早期発見をすればよいのでしょうか。

糖尿病の場合、初期に発見できた例を調査してみると、健康診断で発見されるものと、他の病気の治療のための検査で偶然発見された場合が多いようです。すなわち、検査を通さなければなかなか発見には結びつかないということです。したがって糖尿病は今や国民病と言われるほど広がってしまいましたので、誰でも発症の可能性があるということを自覚して、できるだけ血糖値の検査を受ける機会を持つということが必要なのではないでしょうか。

この為には、まずは職場や自治体などで行われている定期健康診断は必ず受診する必要が有ります。また現在では生活習慣の乱れが子供にまで及んでいるため、子供が大人が罹るようなタイプの糖尿病を発症することも多くなっており、子供であっても学校で行われる尿検査を忘れるようなことが無いようにしてください。また少なくとも数年に1回は人間ドックに入るなりして、定期健康診断では行えないような検査も受けることを勧めます。

糖尿病と創傷治癒遅延の関係

糖尿病では動脈硬化から神経障害や血流障害などによって、白血球の働きが弱くなってしまうため、免疫機能に支障が出てくるようになります。このため傷が出来るとなかなか治らなかったり、感染症に罹り易い或いは治り難いといった症状が現れるようになります。症状が進んでくると通常滅多に感染しないような感染症に罹ってしまうことも有ります。したがって糖尿病の患者は傷や虫刺されに注意を払うことなどが必要になってきます。この傷が出来ても直りにくいという現象を創傷治癒遅延と言います。

創傷治癒遅延は免疫機能の異常以外にも様々な原因が有り、それらが複合して起こるとされています。例えば糖尿病になるとインスリンの不足やインスリンの機能を阻止するような働きが現れブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなります。こうなると各細胞はブドウ糖不足になり、ブドウ糖の生成を促します。そうすると体内の蛋白質が分解されてブドウとうになるため蛋白質の不足状態となり、これが切り傷で利用する蛋白質が減って治りにくくしています。

また傷を治す場合に必要な酸素が、血管障害とヘモグロビンが糖化する事によって酸素が運ばれ難い状態になっていることから減ってしまい。治癒することが出来なくなってしまいます。さらに多くの原因がありますが、どれもこれも傷の治癒を遅らせる方向の働くため創傷治癒遅延が起こるとされています。こうしてみると糖尿病は自覚症状こそ有りませんが体内では実に様々な悪影響を引き起こしていることが分かります。

創傷治癒遅延では傷や虫刺されにはもちろん注意が必要になりますが、最も注意しなければならないのは、糖尿病患者が手術を受ける必要のあるときです。小さな傷であっても注意が必要なのに、手術で大きく切らなければならない場合、非常に危険が伴います。糖尿病患者は手術を要する合併症や、その他の手術しなければならない病気に罹ることはありますから、糖尿病患者が手術する場合、手術の前に入院して血糖値を改善したりすることが良く有ります。

創傷治癒遅延を無くすために、最も良いのは糖尿病にならないことですが、誰でもいつ発症してもおかしく有りませんから、定期健康診断などで、できるだけ早期発見を心掛けることと、もし糖尿病を発症してしまったら、たとえ自覚症状が無かったとしてもつらいのは覚悟して食事療法や運動療法を続け、糖尿病の進行を少しでも遅らせ或いは止めることが重要です。軽度のままを保っていれば合併症も起こさずに済む可能性もあるため、とにかく治療に励みましょう。