糖尿病

糖尿病の原因から考えた予防方法

糖尿病はいろいろな原因で発症しますが、現在最も多いのが肥満から始まるものでしょう。肥満になってもそれが高血糖に繋がるとは言えないじゃないかと考えている肥満の方、まずは考えを改めましょう。肥満は糖尿病だけでなく、生活習慣病の引き金を引く有力な原因になっていることを理解して下さい。糖尿病の場合、肥満が引き金を引くと、次々に体が変調を来たし、隠れ糖尿病になり、境界型糖尿病に進み、ついには糖尿病を発症することになります。

まずなぜ肥満になるかと言うと摂取カロリーが消費カロリーを上回ることから始まります。つまり過剰なカロリーは細胞内に脂肪という形で保存される事になります。これが多くなってくると細胞は脂肪細胞と呼ばれるようになって膨張します。これが進むと、外見は肥満になっていきます。脂肪細胞は、糖を細胞内に取り込ませる働きを持つインスリンの働きを抑制するようになります。これがインスリン抵抗性です。こうなるとインスリンはあるのにブドウ糖が増えていきます。これが隠れ糖尿病の状態です。

ところがブドウ糖は増えていますから体はインスリンを増やそうとして、インスリンを作る膵臓のβ細胞はフル稼働状態になります。暫くするとβ細胞は疲弊してきてインスリンの生産が出来なくなっていきます。この状態が境界型糖尿病です。更に進むと疲弊したβ細胞は死んでしまいます。これが糖尿病です。死んだベータ細胞は元に戻りませんから糖尿病は完治しません。しかしそれ以前であればまだ遅くは有りません。糖尿病の予防が出来ます、つまり根本原因である肥満を治せば良いのです。

では肥満を治す、つまり俗に言うダイエットですが、どうするのが良いのでしょうか。ダイエットの方法は様々紹介されていますが、上手に行わないと、リバウンドに繋がってしまうこともあって意外に難しいものです。そこで参考になるのは糖尿病の食事療法と運動療法です。ただし糖尿病を発症しているわけではありませんので、極端にカロリーを落とす必要は有りません。あくまで、入ってくるカロリーと出て行くカロリーを均衡させることが重要です。

いままで過剰だったカロリーを糖尿病食を利用してカロリーを減らし、食後の散歩などで運動量を増やせば、すぐに効果が現れて、肥満は解消に向かいます。どうしてもできないと言う人は、お金はかかってしまいますが病院を利用しても良いでしょう、下手に自己流のダイエットをするよりも、科学的に裏打ちされた方法によって行ったほうが確実です。ただし、太ってもいないのにダイエットをしたいと言うのはやめましょう。

親族に糖尿病患者がいる人必見!糖尿病と遺伝の関係

病気の原因としては、細菌やウイルスなどに感染する事によって発症する感染症や、2型糖尿病のように生活習慣が大きく関与する生活習慣病が思い浮かびますが、もう1つ遺伝によるものが有ることは多くの人が知る所です。糖尿病でも1型糖尿病や2型糖尿病のように原因が正確にはわかっていないものの他に、遺伝子が原因であると分かっているタイプがあります。したがって親族の中に糖尿病患者が何人か居る場合には、遺伝の可能性も否定できません。

遺伝情報が解析できるようになったのはつい最近のことで、遺伝が原因となって発症する糖尿病も、最近になっていろいろなことが判明してきています。遺伝情報はDNAの中に入っており、今後遺伝子解析が進めば現在1型糖尿病や2型糖尿病などと考えられているものが、実は遺伝が関与していたというような発見がなされる可能性は十分あり得ます。特に1型糖尿病などは何らかの刺激で遺伝情報が動き出すのではないかと考えている学者も大勢居ます。

現在特定されている遺伝子異常には次のようなものが有ります。先ずは若年発症成人型糖尿病と呼ばれるもので6種類があり、遺伝子中の肝細胞核転写因子1α、肝細胞核転写因子4α、グルコキナーゼ、インスリンプロモーター因子1、肝細胞核転写因子1β、neuroD1のコードに変異が確認されています。これらは名前が示すとおり成人が発症するような症状を若年で発症します。この若年発症成人型糖尿病は2型糖尿病に分類されることもありますが、遺伝子が特定されている以上、別分類と考えたほうが良いでしょう。

次に挙げられるのがミトコンドリア遺伝子異常です。ミトコンドリアというのは細胞内の小器官でこの中には独自のDNAがあり、核内のゲノムDNAと違う情報が母親から遺伝するのが特徴です。これによって発症した場合は難聴を伴う場合や、脳卒中などを起こすものなど様々な症状を起こすものが有ります。このほかにはインスリン受容体異常症やインスリン自体の遺伝子異常などがあり、糖尿病の症状を示すことが有ります。

遺伝情報に異常が有る場合には原因が分かっていても、遺伝子治療が発展途上に有る現在、まだこれを矯正することは難しく、残念ながら完治させることは出来ません。またその人の糖尿病が遺伝によるものか否かを決定するためには最終的にはゲノムDNAやミトコンドリアDNAを読み取るような糖尿病の検査としては非常に特殊な検査を行う必要が有りますし、費用も通常の検査に比べれば、大変高額になってしまいます。遺伝子治療が発展して早く完治できるようになって欲しいものです。

糖尿病性腎症が進行してしまった場合の食事

糖尿病の食事療法は主に総摂取カロリーを抑えるために行われますが、合併症として糖尿病性腎症を併発してしまった場合には、さらに蛋白質や食塩の摂取を制限することが必要になります。糖尿病性腎症は糖尿病の3大合併症に数えられ、糖尿病の発症が分かった場合は既に初期の糖尿病性腎症を発症していると言われています。悪化すると腎臓機能が失われ、人口透析が必要になり、透析開始から5年後の生存率は約50%程度と大変厳しい病気です。

糖尿病性腎症を併発した場合、食事療法そのものの目的が変ってきます、併発していない場合は血糖値のコントロールが目的になりますが、併発後はこれに腎症を進行させないと言うことが加わり、そして腎症が進行するにつれ、目的は腎症の進行を止めるほうに移っていきます。腎症の進行が如何に深刻度が高いかと言うことがよく分かると思います。それは糖尿病だけでは、なかなか命にまで関わるようなことにはなりませんが、腎症は命に関わるためです。

ではなぜ蛋白質を制限しなければならないのでしょうか。人体の中で余分な蛋白質がある場合、老廃物になって腎臓で濾過する必要が生じます、このため腎臓に負担がかかることになり、より早く腎症が進行してしまう原因になってしまいます。そこで蛋白質の摂取量を制限して余分な分を無くし、腎臓への負担を最小限に抑えるようすることが必要になると言うわけです。塩分を抑えるのは腎症が進むと溜まり易くなり、高血圧になって腎臓に負担がかかり、更に腎症が進んでしまうためです。

糖尿病性腎症が発症した場合に用いられる食品交換表は糖尿病性腎症の食品交換表として別途発行されていて、通常の食品交換表とは違い表1と表3に蛋白質の量に応じてA、B、C、Dという4つの区分が設けられます。これを利用する事によって蛋白質の摂取量が計算できこれを糖尿病と同じように食事指示票で示される量以内にする必要があります。糖尿病だけの場合よりも更に厄介になりますが、やはり参考になるレシピなどを探して利用する事によって、できるだけ負担を少なく出来るようにしましょう。

糖尿病性腎症では、なかなか市販の食材だけでは料理が難しくなってくるため、蛋白質量を調整した食品が用意されています。これは治療用特殊食品とよばれるもので単位数は同じですが、蛋白質の量が半分以下に調整されています。これをうまく使うことによって蛋白質を少なくしたまま、食材を確保でき、メニューが作り易くなります。使えるものは何でも使って、制約の多い中でもなるべく充実した食事が取れるように工夫してください。

糖尿病3大合併症の1つ糖尿病性腎症の症状とは