糖尿病

botと呼ばれる糖尿病治療はどんな治療なのか

糖尿病を発症すると、まず始めるのが食事療法と運動療法で、それでも効果が上がらなければ経口血糖降下剤による薬物療法が行われることになります。しかしさらに進行してしまって経口血糖降下剤でも血糖値のコントロールが出来なくなってしまうとインスリンを直接注射する方法が行われることになります。従来の方法は患者の負担が大きいものでしたが、最近ではこの負担を軽減できる方法として持効型インスリンというものを用いるbotと呼ばれる方法があります。

従来のインスリンを用いた療法は、人間のインスリン分泌パターンを倣った基礎・追加インスリン療法と呼ばれるものです。人間のインスリン分泌には一日中出続ける基礎インスリンと、食後に別途分泌される追加インスリンと呼ばれるものがあって、基礎・追加インスリン療法というのはこの基礎インスリンを代替する持続型インスリン、追加インスリンを代替する速効型インスリンで行われ、持続型インスリンを1日1~2回、速効型インスリンを1日3回注射するものです。

この療法はパターン的には生体活動を倣うものですから、優れた方法と言えますが、1日に4回~5回自分で注射をする必要があり、たいへん患者に負担がかかる方法でした。そこで考えられたのがbotです。botでは経口血糖降下剤を飲み続け、更に効果が一日中持続する持効型インスリンを1日に1回注射する療法です。これは持効型インスリンが空腹時の血糖値を下げ、食後に上がった血糖値を経口血糖降下剤によって下げるもので1日1回の注射しか必要なく患者負担が非常に小さくなります。

この療法では持効型インスリンで全体の血糖値を押し下げることができますので、すい臓のβ細胞を休ませることができ、β細胞の機能を回復できます。botは従来海外では広く使われる療法でしたが、最近になってようやく日本でも行われるようになってきました。しかしまだあまり知られておらず、普及しているとは言えない状況です。なぜもっと早く紹介されなかったのか不思議なくらいです。患者の負担を考えるともっと普及してほしいものです。

インスリン治療は、糖尿病の治療としてはかなり進行してしまった場合の療法です。できれば初期の段階で発見して、生活習慣の改善だけで血糖値のコントロールができることが理想的です。botを使うにしても毎日注射をすることを考えれば生活習慣の改善のほうがどんなに楽か分かると思います。この段階になると合併症も進行していることが予想されます。botと合わせてそちらの治療も行う必要が出てくる可能性が高いでしょう。

糖尿病患者を抱える家族に必要なこと

家族が糖尿病を発症した場合、さてあなたはどうしますか。普通の病気であればせいぜい病院の付き添い、家では栄養のあるものを食べさせるぐらいですが、糖尿病をはじめとする生活習慣病は、生活習慣自体を見直し、食事療法や運動療法を行う必要上、家族の協力も不可欠になるという、まことに厄介な病気です。家族にとっては大きな負担で、しかも糖尿病は完治ということは有りませんから、それが長く続くことになり病状によっては更に負担が増えることも考えられます。

まず1つ言っておかなければならないことは、家族のうち誰かが糖尿病になった場合、似たような生活習慣を持つと思われる家族も実は隠れ糖尿病であったり、実際には糖尿病なのに検査をしていないような可能性があるため、まずは1人が発症したら、家族みんなで1度病院で検査を受けることが必要です。感染するということでは有りませんが、生活習慣病ですから同じような過程を辿っていることは容易に想像され、子供といえども例外では有りません。

次に生活習慣の見直しです。これは患者の主治医の指示によりますが、その患者だけでなく、同じ生活習慣を共有している場合には、一緒に改善していく必要があります。改善しろという指示が出たということは、それは糖尿病にとっては良くない習慣だということです。したがって発症していなくても将来のリスクを考えて一緒に行いましょう。患者も1人で行うよりも誰か一緒に行うことになればずっと長続きする可能性が増えます。患者を増やさないためにも是非行ってください。

次に食事です。これは年齢にも関係してきますし、健康な人が糖尿病の人と同じような食事ではカロリー不足になりかねませんので、家族全体の摂取カロリーの見直しを行うのはよいですが、患者の分は別途食品交換表を用意してそれに則ってメニューを作るなどカロリーを考慮したバランスの取れた食事が必要になります。ただ毎日頑張るのは奥さんがつらいので何日かに1回は糖尿病食の宅配などを利用しても良いのではないでしょうか。

最後に運動ですか、これは本人が1人で歩けるのであれば、本人に頑張ってもらえば良いでしょう。もちろん同じような生活習慣をしていた場合は、一緒に行うことを勧めます。ただし、本人のやる気を継続させるためにも、たまには誰かが一緒に行うとか、毎日一声かけて激励してあげることが重要です。このように家族にも大きな負担がかかりますが、頑張り過ぎる必要は有りませんし、たまにはサボることも必要ですので、そのあたりも計画に入れて協力してください。

糖尿病3大合併症の1つ糖尿病性神経障害の症状とは

糖尿病には数え切れないほどの合併症がありますが、その中でも3大合併症というものがあり、そのうちの1つが糖尿病性神経障害と呼ばれるものです。3大合併症の中では普通最も早い段階で発症します。糖尿病性神経障害は大きく分けて自律神経障害と末梢神経障害があり、初期には自律神経障害が見られ末梢神経障害へと進展していきます。この障害は糖尿病による高血糖で神経に影響が出たり、動脈硬化などによって神経に栄養素を送る毛細血管への血流に影響が出たりする事によって発症します。

症状としてはまず自律神経障害の場合、便秘や下痢、発汗障害、起立性低血圧、EDなどが見られるようになります。末梢神経障害の場合は、まず末端の指先などから現れ、痺れたり痛みを感じたりして、進行してくると力が入りにくくなったり、怪我をしても気が付かないで手当てが遅れるというようなことも有ったり、痛みを感じなくなって人生の3大痛の1つに数えられるほどの痛みを伴う筈の心筋梗塞の場合でも気が付かないようなこともあり、大変危険な傷害です。

治療としては、軽度の場合には、糖尿病による高血糖の状態を改善し、これに薬物療法を加えることによって症状は改善します。しかし重度になってしまった場合は、薬物療法もそれほどの効果が出ないことも多く、完治は難しいと言わざるを得ません。やはり糖尿病を早期に発見して治療する事によって、糖尿病性神経障害の発症を食い止めるか、発症してしまったとしても早期治療で、症状が進む前に少なくとも進行をとめることを心掛けておかなければなりません。

糖尿病性神経障害の検査としては、見た事がある人も多いと思いますが小さなゴムで出来たハンマーでひざの下やアキレス腱などを叩いて反応を見る腱反射テスト、針を用いて皮膚をつつき痛みの感じ方を見る皮膚の知覚検査、振動させた音叉をくるぶしに当てて、振動を感じる時間を見る振動覚検査、自律神経に支配されている心拍を心電図で見る心拍変動測定などが行われます。前記のような症状があった場合には病院に行って検査を受けて下さい。

糖尿病性神経障害をはじめとする合併症を予防するためには、とにかく大元となる糖尿病を早期に発見することが先決です。たとえば糖尿病性神経障害の検査は定期健康診断などの項目には入っていない場合が多く、病院に行って検査をしてもらうことが必須となりますが、糖尿病の検査は必ず定期健康診断の項目に入っていますから、受診して合併症が出てくる前の早期に糖尿病を捉えられるようにすることが重要です。

糖尿病3大合併症の1つ糖尿病性網膜症の症状とは
糖尿病3大合併症の1つ糖尿病性腎症の症状とは