糖尿病

糖尿病での医療費の目安

病気は厄介なものになればなるほど医療費はかさみます。糖尿病もかなり厄介な病気になりますので気になるのが医療費です。健康保険があるからと言っても、そうそう安心はできません。糖尿病の場合は、初期に発見した場合には、食事療法と運動療法だけで治療を行いますが、進行するにしたがって血糖降下剤などを使った薬物療法、さらにインスリン注射というように徐々に費用の掛かる治療へと進んでいきます。

このため、各段階ごとに医療費もまったく違い、一概には言えませんので平均的な医療費の例で話を進めます。糖尿病などの生活習慣病の場合、月々定額を請求する包括方式と診察などを行った分を請求する出来高方式の2つの請求方法があります。しかし年間を合計すると、ほとんど差は出ないようです。

まず食事療法と運動療法だけで薬物療法が行われない場合には年間約16万円3割負担で4万8千円程度になります。これも程度によって月1回の診察であったり、月2回であったりしますので、患者によって違いがあります。食事療法と運動療法だけではなく薬物療法として血糖降下剤を1種類服用している場合には年間約32万円3割負担で9万6千円程度になります。血糖降下剤の種類、血糖降下剤の数によっても違いが出てきますので、患者ごとに負担額も変ってきます。

またこのあたりまで行くと合併症も考えられるため、合併症のほうの診察、検査、薬剤などの費用は別途掛かることになりますから、月々の自己負担額が1万円を超えるようになって、医療費の負担をズッシリと感じ始める段階になります。

血糖降下剤によっても血糖値のコントロールが難しくなると、インスリンを直接注射する治療を始めることになります。この場合インスリン以外の薬も含めて年間約48万円3割負担で14万4千円程度になります。当然合併症のほうの費用も馬鹿にならない額になって、家計への負担はさらに大きくなります。ただしインスリン注射を始めたら一生必要と言うものではないため、経過が良好であれば投薬のみの治療に戻れることもあります。したがって経過によってはずっとこの負担が続くわけではありません。

さらに合併症として腎症を発症し悪化してしまった場合には、これに人工透析が加わるため、医療費は年間500万円以上に膨らみます。この場合には高額療養費制度の利用が可能になりますが、糖尿病発症後何もせずそれまでと同じような生活習慣を続けてたら、ここまで進んでしまうこともあることを覚えておきましょう。高額療養費制度が利用できるにしても、裏では多くの人が負担しているということを忘れてはいけません。

日本で用いられている糖尿病の診断基準

糖尿病は今や国民病とまで言われており、多くが肥満のいわゆるメタボ体型と言われる人ですが、中には一見肥満には見えないような人でも、糖尿病の人がいることも有ります。糖尿病は血糖値が通常の場合に比べて異常に高くなってしまう病気です。しかしそれだけでは漠然としすぎているため、各国で糖尿病の診断基準が制定されています。日本においても日本糖尿病学界によって糖尿病の診断基準が示されており、この基準に則って確定診断が下されます。

日本における糖尿病の診断基準は2010年に日本糖尿病学会が施行したものが基本になっています。従来糖尿病は血糖値の値を基にして診断されていましたが、これに加える形でヘモグロビンA1c(HbA1c)の基準も示されています。この基準は血糖値に依存するヘモグロビンA1cのヘモグロビンに対する割合で表されます。このヘモグロビンA1cはヘモグロビンの性質から過去1ヶ月~2ヶ月の血糖値の指標として用いることができます。健康診断などで血液検査を行うとこの血糖値とヘモグロミンA1cの値が出されます。

まず血糖値の基準ですが、血糖値にもいろいろとあります。1つ目が空腹時血糖と呼ばれるもので9時間以上絶食したときの血糖値を表します。また食事との関連を考慮しない随時血糖値と呼ばれる検査があり、普通は食後xx時間と付記されます。基準値は空腹時血糖の場合126mg/dl以上、随時血糖値の場合200mg/dl以上となっています。たとえば定期健康診断の場合空腹時に行われるのが普通ですので空腹時血糖で126mg/dl以上の場合に再検査となります。

次にヘモグロビンA1cの基準としては、ややこしいことに日本糖尿病学会が標準化したJDSと米国が標準化し国際標準になっているNGSPがあります。臨床検査ではNGSPが使われることになりましたが、特定健診(いわゆるメタボ検診)ではJDSが使われることになっています。基準値はNGSPの場合で6.5%以上、JDSの場合で6.1%以上とされています。なぜ統一させないのか疑問です。

糖尿病ではこれらの基準値を用いて1回あるいは2回検査を行って診断を行うことになります。1回目で血糖値とヘモグロビンA1cの両方が基準値以上となった場合、および血糖値が基準値を上回り、かつ口の渇きや多尿などの糖尿病に見られる症状がある場合に糖尿病と診断されます。

また1回目で血糖値が基準を上回っていた場合で2回目に糖尿病とヘモグロビンA1cの少なくとも一方が基準値を上回った場合、あるいは1回目でモグロビンA1cが基準値を上回った場合で、2回目に血糖値が基準値を上回った場合にも糖尿病と診断されます。

これらの検査で糖尿病と診断されなかった場合でも、血糖値あるいはヘモグロビンA1cが基準値を上回っていた場合には糖尿病疑いとされ時期をずらして再検査の必要が有ります。

隠れ糖尿病とはどのような状態の糖尿病なのか

糖尿病にしろ境界型糖尿病にしろ定期健康診断や他の病気など何らかの形で血液検査等を行って血糖値の異常を検知されてはじめて発見されるのが普通です。この検査は通常空腹時に採取された血液で行われます。検査に行く場合空腹状態で行くのはこのためです。しかし糖尿病はじつはこれだけでは検知しきれていないことが分かってきました。すなわち空腹時に検査を行っても血糖値は正常値を示すということです。そんな糖尿病が有るのでしょうか。

糖尿病は肥満などの原因でインスリンが機能し難い状態になることから始まります。それが膵臓のβ細胞の疲弊を招き、ついにはβ細胞が死に至るという過程で進みます。β細胞が死に始めた状態からを糖尿病、β細胞が疲弊した状態が境界型糖尿病と言われる状態に該当しますが、その前の状態であるインスリンが効きにくくなった状態は従来ではまだ糖尿病とは言いませんでした。しかしインスリンが機能し難いということはブドウ糖の細胞への取り込みが進まず血糖値が上がることになります。

この段階では、インスリンは効き目が悪くなっているだけで効かないわけではありませんから、時間をかければ血糖値は正常に戻ります。したがって空腹時はすでに血糖値を測っても高血糖状態を検知できません。しかし食後の血糖値を計ると正常な場合には速やかにインスリンが働いて血糖値を正常に戻しますが、インスリンの効き目が悪い場合には正常値に戻るまで時間がかかることが分かります。この方法によって検知される糖尿病を隠れ糖尿病と呼び、現在注目されています。

このように従来行われていた糖尿病検査をすり抜けてしまっていた隠れ糖尿病患者が相当数に上ると考えられ、或る報告によると日本の糖尿病患者数は2倍になるとされています。今後はこういう事を踏まえて、定期健康診断で行われている検査についても実態を把握できるように工夫されていくものと考えられます。またこのことによって今まで糖尿病と診断されなかった人でも、実は隠れ糖尿病の可能性がありますので、心配な場合には病院で検査を受けてください。

隠れ糖尿病は言わば境界型糖尿病よりさらに前段階の糖尿病と言えますので、治療としては従来から行われている食事療法や運動療法によってインスリンの効きを悪くしている肥満状態を解消することが重要ですが、今注目されているのはこれに加えて、積極的にインスリンを注射して、β細胞の疲弊を防ぐ治療です。極初期の糖尿病なのにインスリン注射ということで驚く人も多いですが、この治療がかなりの効果を上げていることが分かってきています。

糖尿病は完治が見込めないというのは本当なのか
境界型糖尿病のうちに発見すれば完治が見込めます