糖尿病

境界型糖尿病のうちに発見すれば完治が見込めます

糖尿病には完全に糖尿病になってしまう前の前段として正常な人との間に境界型糖尿病と言う分類が有ります。境界型糖尿病は血糖値の値が正常値と糖尿病の中間にあたり、このままの生活習慣を続けていると糖尿病になってしまいますよという警告だと考えても良いのですが、糖尿病と境界型糖尿病との間には決定的な違いが有ります。それは糖尿病は残念ながら完治は見込めませんが、境界型糖尿病の場合、まだ完治が見込めるということです。

糖尿病発症のメカニズムは、まず摂取カロリーが消費カロリーを上回ることから始まります。余った摂取カロリーは脂肪として細胞内に溜められることになります。こうして脂肪細胞が徐々に増えてくると、インスリンの働きを抑える働きが出てくるため血管内にブドウ糖が増加してきます。この状態が続くとブドウ糖が処理されていないという連絡が膵臓に伝達され、膵臓のランベルハンス島にあるβ細胞はインスリンの量産を始めます。

有る程度まではβ細胞は働き続けますが、そのうちに疲弊してしまい、働きが鈍くなってきます。しかしブドウ糖はいっこうに減りませんからさらに量産するように支持が続き、ついにはβ細胞は死んでいきます。この状態が糖尿病といわれる状態です。しかし境界型糖尿病と言われているのは、まだβ細胞の死が始まる前のβ細胞が疲弊して働きが鈍くなりインスリンの分泌量が少なくなってしまった状態を指しています。したがってβ細胞自体の数は減少している訳ではありません。

もし疲弊したβ細胞を正常に戻せることが出来れば、インスリンの分泌が元に戻り、境界型糖尿病は完治することになります。そのためにはどうすればよいかというと、まず疲弊したβ細胞を休ませること、それから根本原因である肥満を治すことです。肥満を治すためには通常の糖尿病と同じように食事療法と運動療法を行うことになります。従来はこの2つによってインスリンが有効に働き始めβ細胞にも良いとされていました。

しかし最近では、積極的にβ細胞を休ませるために従来は重度の糖尿病の場合に行っているインスリンを補給するための注射を、ここでも使うことによってβ細胞がインスリンの分泌をしなくても良いようにすることで、大変効果を上げています。実際の治療は医師の判断によりますが、これらの治療を組み合わせて行うことになります。この段階では自覚症状も感じないので実感がわかないかもしれませんが、将来糖尿病になって一生付き合うか完治を目指すかの分かれ道といえるでしょう。

糖尿病は完治が見込めないというのは本当なのか

糖尿病の基本治療である運動療法とは

糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法です。それまで自由気ままに生活していた人が、突然行うにはどちらもハードルが高ものですが、食事療法は料理もしなければならないため、運動療法のほうがやる気さえあれば容易に始めることが出来ます。運動療法は運動によって消費カロリーを増やし、高血糖の状態を解消することを目指すものです。ではあまり運動に縁のない人が毎日運動を続けるためには、どのような運動を選べばよいのでしょう。

多くの糖尿病患者が最初に始めるのは、朝夕の散歩です。散歩は一見消費カロリーは少ないように見えますが、有酸素運動として考えた場合、かなり効率の良い運動になります。ですからいろいろ考えてりる暇があったら、まずは散歩を始めましょう。少し運動に縁のある人はジョギングも良いでしょう。ただしジョギングはあくまで自分のペースで行う事が重要で無理をしてはいけません。この他には水泳がお勧めです。水泳は全身を使う運動ですので大変効率良くエネルギーを消費します。

問題なのはいつ運動すればよいかと言うことです。多くは朝食前に一人で、夕食まえに犬の散歩を兼ねてというようなパターンで行っていますが、実はこれはあまりお勧めできません。糖尿病は運動療法によってエネルギーを消費させますが、最近注目されているのが糖質です。つまり炭水化物をより消費することが重要だと言われるようになりました。そこで散歩を朝食後と夕食後に移して見ましょう。そうすると有酸素運動によって直前の食事で摂取した炭水化物が効率的に消費されることになります。

食後と言うことであまり無理な運動はできませんが、散歩程度であれば丁度よいので、まずは試してみてください。暑いときは駄目ですが、できれば昼食時も昼休みに歩いてみると更に効果的な運動療法になります。また散歩に馴れてきたら、別のスポーツもやってみるとか治療と言うことではなくて、楽しんでスポーツをするという方向に向かえば、もう運動療法を続けていくことに問題は有りません。競争する必要はありませんので自分が楽しめるものを探してください。

運動療法と食事療法は内容的に言って相互に補完するような部分がありますが、治療は治療ですので、すごく激しく運動していつもの10倍はエネルギーを消費したはずだからと言って、食事を沢山食べても良いということでは有りません。初期の糖尿病なら多少の融通は良いかもしれませんが、基本的に治療の一環であることを忘れてはいけません。出来る限り決められた摂取カロリーと消費カロリーを守って、血糖値をコントロールできるようにしてください。

糖尿病の基本治療である食事療法とは
血糖降下剤を使った糖尿病の薬物療法
インスリン注射を使った糖尿病の薬物療法

小児糖尿病は何故発症するのか

糖尿病といえば、メタボ体型の中年以降のおじさんというイメージを持つ人が多いと思いますが、多くの場合、これは2型糖尿病と呼ばれる主に生活習慣の乱れかが原因になって発症するもので、このタイプが日本人の糖尿病患者の95%を占めるため、印象に強く残るようです。しかし糖尿病はこれだけではありません。原因が生活習慣に求められない、まったく別の病気といっても良い糖尿病が存在します。中には10代のまだ子供のうちに発症する小児糖尿病という分類も存在します。

現在ではこのタイプは小児だけではなく大人になってからも発症することが確認されており、1型糖尿病として分類されています。1型糖尿病は、膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞が自己免疫の異常が原因で死滅してしまう生活習慣とはまったく関係の無い自己免疫性疾患です。発症のメカニズムは残念ながらまだ正確には解明されておらず、経口血糖降下剤は効果が無いため、患者は自身でインスリン注射を打つしか治療の方法が有りません。

症状は1型と2型で大きな違いは有りませんが、1型は劇症化する場合があり急性の合併症である糖尿病性昏睡を引き起こし死に至ることも少なく有りません。したがって2型以上に早期発見が重要になります。治療としては、2型糖尿病のような食事療法や運動療法も前記の経口血糖降下剤による薬物治療と同じく効果が有りません。治療の目的はβ細胞の死滅を抑える事ではなくインスリン注射によるインスリンの補給で糖尿病の合併症の発症を抑えることにあります。

従来小児糖尿病といえばこのような1型糖尿病のことを指していましたが、近年生活習慣が変化し、生活習慣が小児のうちから乱れてしまっている場合が少なくなく、小学生のうちから2型糖尿病を発症する場合が増えています。したがって近年では小児糖尿病というと語弊が生じる場合も出てきているため、1型糖尿病、2型糖尿病で統一されてきています。ようするに1型糖尿病、2型糖尿病共にどのような年齢層でも発症の可能性が有る時代になったということです。

糖尿病は初期の自覚症状としてはに目立ったものが無いため、発見が遅れてしまうことが大人であっても良く有ることです。特に小児の場合、自分でおかしいと思うようなことは先ず無いため、周囲の大人は喉の渇きを訴えたり、多飲・多尿、体重の減少などが有る場合には、一応糖尿病の疑いをもつようにして病院に行き一度検査を受けておきましょう。また学校などで行われる尿検査や健康診断も必ず受診させるようにすることが重要です。