糖尿病

糖尿病は体臭や口臭にも関係が有ります

あまり聞かないかもしれませんが、病気が体臭や口臭の原因になっている場合があります。糖尿病の場合も発症すると体臭や口臭に変化が現れると言われています。もしこれが本当だとすると、自覚症状の少ない糖尿病にとっては、体からの警告に利用できるかもしれません。自分では体臭も口臭も良く分かりませんので、家族などで協力し発見に役立てられれば、他の検査などと組み合わせることで、今まで難しかった糖尿病の早期発見にも道が開けそうです。

匂いとしては糖尿病になると甘い匂いがするといわれています。しかし糖尿病の体臭や口臭の変化は非常に小さいと言われており、なかなか感じ取るのは難しいようです。この甘い匂いは高血糖になった場合、ブドウ糖が細胞内に取り込みにくくなって普通の糖による代謝が難しくなってしまいますので、その代わりとして体内にある脂肪酸で代謝が行われるようになります。このとき一緒に出来るのがケトン体と言われるもので、このケトン体が甘酸っぱい匂いを出す元になります。

またもう1つ体臭が変化する場合があります。これは体臭が脂くさくなるものですが、糖尿病患者は普通の人よりも汗をかき易くなるのが原因です。あせは空気に触れて匂いを発するようになりますが、これが多量になることで普通の人よりも強く匂いを発するようになります。糖尿病の場合この2つの匂いが絡み合って独特の匂いになると言われています。匂いに敏感な人であれば感じることが出来るようになるのではないでしょうか。さらに腎障害も発症している場合にはアンモニア臭が混じることも有ります。

しかしそういうことになると自分では感じないにしても外出時に匂いが気になって萎縮してしまうと言う糖尿病患者の人も多いのではないでしょうか。そういう場合には、外出前に良くシャワーなどで洗い流すなどで十分対応できます。必要以上に気にしてしまう必要は有りません。どうしても気になるときは香水やコロンなどを使っても良いでしょう。病は気からとも言いますから、匂いなど気にしていては治療にも良い影響を与えません。

匂いを消すための根本的な治療は糖尿病を改善することです。完治は難しくても血糖値をコントロールすることは可能です。血糖値を低く保っていれば糖代謝も可能になるのでそもそもケトン体も出ず匂いもしません。汗も正常な分泌量に戻るので、匂いも正常なものに戻っていきます。したがって、匂いが気になる人は、頑張って治療を続けることで糖尿病を改善してください。

また糖尿病を発症していない人は、家族などに体臭や口臭が変だと言われたら、一応糖尿病を疑ってみることを勧めます。検査は簡単に出来ますので一度病院に行って医師に相談してみてください。行くのが面倒だと言う場合は、まずは自宅で出来る検査キットなどを使ってみるのも良いでしょう。

糖尿病患者が嘔吐した場合は医師に相談しておきましょう

糖尿病の治療にはどのようなものが有るのでしょう

糖尿病には主なもので自己免疫性疾患で自分で膵臓のβ細胞を破壊してしまう1型糖尿病と、生活習慣の乱れからインスリンが正常に働かなくなって、β細胞が死に至る2型糖尿病がありますが、治療法としては1型ではインスリンが作れないわけですからインスリンを補給する薬物療法しか有りません。したがってここでの話としては2型糖尿病の治療についての説明になります。特に断らない限り糖尿病と言ったら2型糖尿病ということになります。

糖尿病を発症するとまず行われるのが食事療法と運動療法です。理想的にはこの2つの療法で血糖値をコントロールできることだと言われます。糖尿病の多くは肥満によりインスリンが働きにくくなった状態になりますので、この肥満を解消するため、まず食事療法では、検査によって各々の患者に合った総エネルギー量を算出し、これに合わせたエネルギー量の食事を取ることになります。

このエネルギー量は80kcalを1単位として表すのが一般的で、デスクワークの男性の場合で20単位/1日と言うことになります。最近では研究が進みエネルギーと同等以上に炭水化物の摂取量も問題視されており、糖質制限食として炭水化物を制限する食事療法を行うこともあります。いずれにしても慣れるまでは大変な努力が必要で、料理などで家族の協力も非常に大切になります。

エネルギーを抑えると言うことで次に考えるのがエネルギーの消費です、食事療法はエネルギーの摂取を抑えますが、運動療法は逆にエネルギーを消費する療法です。特に散歩やジョギング、水泳などの有酸素運動がインスリンの働きを改善させるためには有効とされています。これらを1回当たり15分以上で1日に2回程度、週に3日以上行うのが普通ですが、詳細な運動メニューは医師の指導の下に作成することになります。

運動療法で注意すべきことは、エネルギーの消費を主目的にするわけですから、運動した分は沢山食べてよいと言う訳では有りません。また合併症を発症している場合には運動療法に耐えられないこともあるため、行うか行わないかは、あくまで医師の指示に従って判断することになります。

食事療法や運動療法で改善が見られない場合には、薬物療法が行われます。これにはまず注射を必要としない経口血糖降下剤を用いて血糖値を下げますが、これでも血糖値がコントロールできない場合にはインスリンを注射する薬物療法が行われるようになります。インスリン療法は注射が必要なため、簡単に出来るようにはなっていますが、心理的影響も考えると外出時など患者の負担も大変大きくなります。

これから考えられる糖尿病治療

糖尿病でなくても病気のための薬剤開発は熾烈なものがあり、承認されるまではなかなか表に表れてきません。このためこれから考えられる糖尿病治療もそう具体的なものを挙げることはできません。そこで既に見えてきたものと、科学的な趨勢から今後出てくるであろう治療法を予想して紹介します。ただし予想したものについては、いつ実現するかも分かりません。またこれらを凌駕するようなとんでもない治療法が現れないとも言えません。

さてすでに発表になっている薬剤としては吸入式インスリンがあります。医療現場に出てくるまでにはまだ数年かかりそうですが、現在は重度の糖尿病になると注射によりインスリンを補給しています。しかし一日数回の注射は患者の負担が大きく、従来から改善点として挙げられていました。しかしこの吸入式インスリンの登場でついに多くの患者が注射から解放されることになります。これを待っている患者も多いと思いますがもう少しの辛抱です。

次はβ細胞の再生についてです。糖尿病は1型にしろ、2型にしろβ細胞が死んでいくために発症します。従来ではβ細胞は死んだらおしまいで回復できないため糖尿病は完治しないとされていました。そこでβ細胞の再生を誰でも考えますが、これにはβ細胞のある膵臓のランゲルハンス島を膵臓ではなく定着し易い肝臓に移植する方法がありました。しかし拒絶反応への対応がいろいろと改良されているにもかかわらず現在の所5年後にも維持できるのは50%程度までしか行っていません。

そこで考えられるのが再生医療で自前の幹細胞からβ細胞を作る方法です。これについてはまだまだ時間がかかると考えられますが、2008年にはマウスでβ細胞を再生させ糖尿病を治療したと言う研究発表がありました。したがってこの方法は原理的には間違っていないことになりiPS細胞の研究が進めば自前の細胞からβ細胞を作り出すことが出来るようになると考えられます。糖尿病患者としては夢のような治療になるでしょう。

次は同じく再生医療ですが、糖尿病性腎症の治療についてです。糖尿病性腎症は進行すると腎臓が機能しなくなり人工透析が必要となって、透析開始10年後にはほとんど生存できないというような怖い病気です。そこで腎臓を丸ごと再生してしまおうと言う研究が進んでいます。既に機能する糸球体の再生までは進んでいて、かなり先になりますが将来は丸ごと再生も可能だと言われています。糖尿病患者のためにも、研究者の方々には頑張って欲しいものです。

現在行われている糖尿病の最新治療