糖尿病

糖尿病が疑われる場合にどんな病院を選べばよいか

通常病気になって病院に行こうという場合、先ずは行き付けの病院を選びますが、あまり病院に縁の無かった場合には近所や知り合いに相談して良さそうな所を聞いて判断している人が多いのではないでしょうか。この場合特に重要な判断材料として病院のネームバリューよりもそれぞれの医師の評判を重視するのが普通です。しかし糖尿病という特定の病気の場合には必ずしも近所に良い医師がいるとは限りませんから、なかなか評判でと言うわけにも行かず、病院を探すのに困っているような人もいるのではないでしょうか。

そこで病院を絞り込むのに利用したい指標として2つあります。まず1つ目はその病院に糖尿病内科があるかということです。糖尿病内科があるということは、少なくともその病院では糖尿病の治療に力を入れていると言うことになります。ただし、この糖尿病内科と言うのは最近になって掲げられるようになったため、これが無いからと言って糖尿病に熱心ではないと言う評価はできません。あくまでも指標と言うことで探してみてください。

2つ目は日本糖尿病学会の認定する糖尿病専門医のいる病院です。この専門医がいる場合には糖尿病内科を掲げていなくても専門性を生かして診察を受けることができるはずです。この糖尿病専門医の有無はなかなか外から見つけにくいですから、インターネット上で検索できるようになっていますので利用してみてください。ただし、当然ですが糖尿病専門が患者が求めるいわゆる名医かどうかと言う保証はありません。また糖尿病専門医の認定基準は満たしていなくても糖尿病の名医は存在します。

糖尿病はほとんどの場合完治は見込めませんので、一生のお付き合いになる可能性も有ります。そのためおかしな医者に当たらないように慎重に選ばなければなりません。めがねにかなった医師を見つけたら、インターネットなどを利用して評判を調べてみることをお勧めします。また将来にわたって通院する可能性がありますので、年を取ってからでもできるだけ通い易い場所と言うことも重要なポイントになることを忘れないようにしましょう。

ただし、最も良いのは、日頃から相談できる主治医を作っておくことです。ちょっとした風邪でも我慢するのではなく、医師に見てもらうようにして、信頼できる主治医を作り、糖尿病の場合にも、まずはその医師に診てもらうのが一番です。たとえ糖尿病が専門ではなくても、あなたの体のことはどの医師よりも良く知っているはずです。必要があればその医師の判断により、病歴も添えて紹介してもらえるはずです。このように主治医は絶対に必要な存在です。

糖尿病患者向けに外来で栄養指導を行っている病院があります

糖尿病を発症すると、なにはともあれ食事療法と運動療法を開始して生活習慣を変え、血糖値を下げていかなければなりません、どちらの治療も生活習慣自体に根ざしたものですのでそう簡単に変えられるものでは有りません。運動療法なら毎日散歩だけでもかなりの効果が期待できるので入り易いですが、食事療法は決められた単位数で食材を選び、レシピまで考えなければなりません。自分で作る場合も、家族に作ってもらう場合もかなりハードルの高い作業になります。

この困難さのために、残念ながら食事療法を挫折してしまう場合もあり、様々な支援情報が出てくるようになりました。例えば糖尿病食のレシピを集めた書籍、インターネット上にある糖尿病食の紹介サイト、外食ではメニューへのカロリー表示、さらには糖尿病食の宅配サービスなど、今後も糖尿病患者が増加する限り、様々な情報やサービスが出てくることが予想されます。糖尿病患者の人はこういうものを利用して自分の食事療法を組み立てることも出来ます。

しかし常にこういうものを利用するわけにも行きませんので、やはり自分で栄養について十分理解して、自分や家族が糖尿病食を実際に作れるようにすることが重要です。しかし従来では入院患者への指導などは行っている場合はありましたが、外来の患者まで含めて指導を行うような病院は有りませんでした。ところが糖尿病患者やその主治医などから地域の大病院に糖尿病患者への栄養指導を行って貰えないかと言う要望が強かったため、最近では外来で栄養指導を行う病院も増えてきています。

食事療法に不安がある糖尿病患者は、先ずは主治医に相談して、近くの栄養指導をしている病院を紹介してもらってみてはいかがでしょうか。紹介されたら、どのような手続きが必要なのかは病院ごとに違いますので、紹介された病院に問い合わせるか、ホームページなどで調べて申込み手続きを行って、指導を受けるようにしましょう。患者だけではなく実際に料理する人も参加が可能なはずですので、2人で行ってみるのも良いかもしれません。

一番いけないのは、自分で出来ると考えて、途中で挫折してしまい、結局何もやらなくなってしまうと言うパターンです。食事療法はそう簡単に出来るものでは有りません。最初から自分だけでは無理だと割り切って考えたほうが良いかもしれません。助けを求められるものはすべて使ってでも、治療を継続していくという決意が必要です。特に病院と言うのは病気を治すのが仕事ですのでどんどん利用しましょう。

摂取カロリーを抑える断食は命取りになることが有ります

糖尿病は高血糖が問題で食事療法でカロリーを減らしているのだから断食すればもっといいだろと考えている人も居るかもしれません。またインターネット上には断食で糖尿病をはじめ多くの病気が治ったとするような話がよく載っていますが、まったく効果がないという話も見かけます。本当にそんなことがあって、それぞれが言うように病気が治るのであればもうとっくに糖尿病が根絶されていても良い様にも思いますが、そうはなっていません。

断食は病気によっては医学的に医師の管理の下で行われる場合がありますが、糖尿病においてはそのような治療はありません。食事療法にしても低カロリー食を摂るのであって、摂らないということでは有りません。ちょっと考えれば分かることですが体を維持していくためには栄養の摂取が必要なのは言うまでも有りません。断食すれば水以外のものを摂取しないわけですから何も栄養が入って来ない状態になります。太っているから大丈夫というわけには行きません。

一部の栄養素は体の中で暫くは調達ができますが、調達できないものだって沢山有ります。百歩譲って糖尿病に効くとしても、その間に別の病気になってしまうのが落ちです。もし糖尿病患者が断食したとすると、確かに血糖値は下がっていくでしょう。でも血糖値は下げればいいというものでは有りません。正常範囲にしておくことが重要なのです。もし正常範囲以下になってしまったら、こんどは低血糖という状態になって、場合によっては昏睡状態に陥り、命取りと言うこともあります。

ですから重要なのは食事療法や運動療法を行って血糖値を一定範囲内に収めることです。この点を忘れてただただ食べなければよいというのは間違いです。こういった指摘を受けて最近では断食ならぬ半断食と称して半日だけ断食しようなどと言うこともありますが、勝手に行うのは体のリズムを崩すだけです。医学知識のない素人感覚で行うことでは有りません。医師の指示に従ってちゃんと決められた単位の食事を摂ることが最も体に適した治療だと考えましょう。

もしどうしても断食をしたいと言う場合には、まずは主治医に相談してください。もし検査も何もしておらず病院にも行っていないが、糖尿病っぽいので治ると言われる断食をしてみようと考えている人が居たら、そんな考えは止めて、すぐに病院に行って、検査を受けてください。どうしても行きたくない人は、まず検査キットを買ってきて自宅で検査してみることでも良いでしょう。そして発症の有無を確認して、発症しているのであればすぐに病院に行きましょう。勝手な判断は命取りです。