糖尿病 スポーツドリンク

スポーツドリンクの飲みすぎは糖尿病を招く

汗をかくと喉が乾いて水分が欲しくなります。そこで考えられたのが体液の成分に近いスポーツドリンクで、最近では多くの子供が持ち歩いているのを見かけます。しかしいくら体液に近いとは言っても、このスポーツドリンクには多量の糖分が含まれています。その量は、コーラやジュースに含まれる糖分と変りません。したがってコーラやジュースよりはスポーツドリンクのほうがずっと良いと考えて子供に持たせているお母さんが多いのでしょう。

ある意味ではその通りなのですが、反面この多量の糖分を良く考えず、毎日毎日多量に飲み続けると、通称ペットボトル症候群を起こすことになります。このペットボトル症候群こそ急性糖尿病そのものです。現在多くの子供がこの急性糖尿病で病院に運ばれています。つまり良かれと思って持たせているスポーツドリンクが糖尿病の引き金を引いてしまったということです。もちろん大人でも同じ事をすれば同じように糖尿病になります。大人の場合は代謝が低いですからもっと早く発症するかもしれません。

それじゃあ何を飲めばよいのだと言われそうですが、もし糖尿病の化があるのであればスポーツドリンクは避けて水あるいは緑茶がお勧めです、家に居るなら白湯も良いでしょう。糖尿病の化が無いのであればスポーツドリンクを多くても1日1本、半分ぐらいを水で薄めてもいいでしょう。あとは水または緑茶にしておきましょう。他の清涼飲料水を飲むのであれば、スポーツドリンクは止めておいてください。

よく仕事中に暑い暑いとゴクゴクスポーツドリンクあるいは清涼飲料水を飲んでいる人がいますが、多くは隠れ糖尿病であったり、糖尿病そのものだったりします。そういう習慣のある人は、今すぐ病院に行って糖尿病の検査を受けてください。糖尿病ではなかったとしても近く糖尿病になりますので、悪いことは言いません習慣を改めて暑いときは水か緑茶をゴクゴク飲んでください。ただしあんまり飲みすぎるのも良くないのでほどほどにしておきましょう。

このように残念ながらスポーツドリンクには悪影響もあるということを忘れてはいけません。ですからお子さんに対して毎日持って行かせるということは止めて、なにかイベントがあってすごく汗をかき疲れそうなときだけ持たせるとか、工夫してのみ過ぎないようにコントロールしてあげましょう。大人もまったく同じで、喉が渇いたら常にスポーツドリンクという選択ではなくて、汗をかいて筋肉疲労も激しいようなときにはスポーツドリンクにするなど良く考えてから飲みましょう。