創傷治療遅延

糖尿病と創傷治癒遅延の関係

糖尿病では動脈硬化から神経障害や血流障害などによって、白血球の働きが弱くなってしまうため、免疫機能に支障が出てくるようになります。このため傷が出来るとなかなか治らなかったり、感染症に罹り易い或いは治り難いといった症状が現れるようになります。症状が進んでくると通常滅多に感染しないような感染症に罹ってしまうことも有ります。したがって糖尿病の患者は傷や虫刺されに注意を払うことなどが必要になってきます。この傷が出来ても直りにくいという現象を創傷治癒遅延と言います。

創傷治癒遅延は免疫機能の異常以外にも様々な原因が有り、それらが複合して起こるとされています。例えば糖尿病になるとインスリンの不足やインスリンの機能を阻止するような働きが現れブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなります。こうなると各細胞はブドウ糖不足になり、ブドウ糖の生成を促します。そうすると体内の蛋白質が分解されてブドウとうになるため蛋白質の不足状態となり、これが切り傷で利用する蛋白質が減って治りにくくしています。

また傷を治す場合に必要な酸素が、血管障害とヘモグロビンが糖化する事によって酸素が運ばれ難い状態になっていることから減ってしまい。治癒することが出来なくなってしまいます。さらに多くの原因がありますが、どれもこれも傷の治癒を遅らせる方向の働くため創傷治癒遅延が起こるとされています。こうしてみると糖尿病は自覚症状こそ有りませんが体内では実に様々な悪影響を引き起こしていることが分かります。

創傷治癒遅延では傷や虫刺されにはもちろん注意が必要になりますが、最も注意しなければならないのは、糖尿病患者が手術を受ける必要のあるときです。小さな傷であっても注意が必要なのに、手術で大きく切らなければならない場合、非常に危険が伴います。糖尿病患者は手術を要する合併症や、その他の手術しなければならない病気に罹ることはありますから、糖尿病患者が手術する場合、手術の前に入院して血糖値を改善したりすることが良く有ります。

創傷治癒遅延を無くすために、最も良いのは糖尿病にならないことですが、誰でもいつ発症してもおかしく有りませんから、定期健康診断などで、できるだけ早期発見を心掛けることと、もし糖尿病を発症してしまったら、たとえ自覚症状が無かったとしてもつらいのは覚悟して食事療法や運動療法を続け、糖尿病の進行を少しでも遅らせ或いは止めることが重要です。軽度のままを保っていれば合併症も起こさずに済む可能性もあるため、とにかく治療に励みましょう。