糖尿病 頻尿

頻尿の人は糖尿病の疑いがあります

糖尿病は自覚症状がほとんど無いことが発見を遅らせると言われますが、まったく自覚症状が無いかというとそうでも有りません。最初は疲れやすくなることから始まって、喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少などが出てきます。この程度の自覚症状の時点で、発見できれば重症になる前に血糖値のコントロールも可能でしょう。ここで多飲・多尿とはどういう状態なのでしょうか。膀胱の大きさは糖尿病になっても変わりませんから、多尿になると自然と頻尿になってきます。

よく年を取ると明け方などにトイレに起きる回数が増えて頻尿と呼ばれる状態になりますが、これは加齢が大きな原因です。しかし糖尿病の場合は多飲・多尿と言われるように、出るほうも多いですが飲むほうも多くなります。なぜかと言うと血液中の糖濃度が高くなるとそれを薄めるために水分を補給するように脳から指令が出ます。これが喉の渇きに現れて多飲の状態になります。しかし水分を必要以上に溜めておくことは出来ませんから外に出す必要が生じて多尿になり頻尿と言う現象が現れます。

しかし頻尿になるのはこれだけが原因では有りません。体内ではもう少し複雑な現象が起こっています。通常血液中の糖分はすべて処理されてしまいますので尿に糖が混じることは有りませんが、血糖値が一定を超えると処理できなくって尿中に糖が漏れ出てくるようになります。このためブドウ糖が糸球体で濾過されると、尿細管では再吸収されず、尿側の浸透圧が高くなってしまいます。そこで水の再吸収が減少してしまい多尿の状態になって頻尿が現れます。

これ等によって糖尿病になると頻尿になってきます。喉も渇きますので、糖尿病の発症を知らず、ジュースやコーラなどを頻繁に飲んでいる人がいますが、これによって糖分が補給され糖尿病を更に悪化させる方向に働きます。こういった場合は本来であれば、水あるいは白湯か、緑茶ぐらいにしておくことが重要です。喉を潤すだけならこれで十分です。もちろん糖尿病では無い人でも、糖分の取りすぎは良く有りませんので、飲み物を考え直してみてください。

このように頻尿は糖尿病特有とは言いませんが、1つのシグナルにはなりますので、糖尿病ではないかと言う疑いを持つ契機として利用しましょう。もし最近頻尿で悩んでいる場合は病院に行って医師に相談してみましょう。検査をすればすぐに糖尿病なのかどうか分かりますので、できるだけ早く行って、はっきりさせましょう。たとえ糖尿病であったとしても、適切な治療を行えば良いわけですし。糖尿病でなければ他の頻尿の原因を追究すれば良いのです。