糖尿病 頭痛

糖尿病と頭痛は関係するのか

多くの病気は頭痛を伴うことが知られていますし、病気を感知する為の、体からのシグナルとして利用されます。では糖尿病の場合、たとえば自覚症状として頭痛を感じるようなことがあるのでしょうか。しかし糖尿病は自覚症状が無いことで知られており、頭痛は糖尿病指標にはなりそうにありません。では関係が無いかと言うとそうでは有りません。糖尿病では治療方法によるものや合併症などが原因となって様々な頭痛を感じることが有ります。

糖尿病に関連する頭痛の1つ目は、糖尿病の薬物治療を行った場合です。薬物治療で血糖降下剤あるいはインスリン療法を用いる場合、普段は高血糖のものが低血糖状態になったときに様々な症状があわられます。よく言われるのは急激な低血糖で昏睡状態に陥ると言うものですが、その他有名なのは冷や汗、手の震え、動悸等です。しかしそこまで行く前には空腹感やめまいがあります、特にゆっくりと低血糖状態に進んで行く場合には、頭痛が見られるようになります。

合併症によるものと言うことであれば、脳梗塞や心筋梗塞を発症する前に前兆として頭痛を感じることがあります。これらの合併症は命を失うことも多く怖いものとして知られていますが、単に頭痛を感じてもなかなかその前兆として認識できるものでは有りません。しかし、ある程度進行してしまった糖尿病の患者の場合は、そういうこともあることを憶えておき、頭痛がしただけであっても、すぐ病院に行って一応医師に相談してみる習慣を持ったほうが安心です。

頭痛は一次性頭痛のように頭痛それ自体が病気の場合と、二次性頭痛と言って何らかの病気により起こるものの2種類がありますが、特に二次性頭痛の場合、単なる風邪が原因で感じるようなものから、大変重い疾患が潜んでいる場合まで様々です。しかし世の風潮として『頭痛ぐらいで…』と大したことの無い症状として扱われがちです。しかし実際には前記のように命に関わる病気の場合だって、そう珍しいことでは有りません。頭痛でも病院に行くことを躊躇う必要は無いのです。

特に注意が必要なのは、普段一次性頭痛を感じている人が、糖尿病が原因で頭痛を発症してしまった場合、普段の頭痛と誤認して放置してしまうことです。一次性頭痛は痛みはタイプによって様々で、ひどく痛むものもありますが、命に関わるようなことは有りません。したがって糖尿病からくる頭痛と誤認してしまうと、そのまま脳梗塞に陥ることもありえます。したがって、いつもと痛み方が違うと言うような場合には、すぐに病院に行くようにしましょう。