低血糖

治療によって低血糖になったときに現れる症状とは

糖尿病は血糖値が上がる病気であって、低血糖になれば万々歳じゃないかと思う人もいるかと思いますが、徐々に血糖値が減っていって正常に戻ると言うのであればそのとおりです。しかし薬物療法などによって血糖値を下げすぎた場合、これまた体に影響が出て様々な症状が現れます。場合によっては昏睡状態に陥ってしまうことさえあり、薬の使い方には十分注意をしなければならず、また低血糖になってしまったときの準備をしておくことが必要です。

糖尿病の薬物治療は経口の血糖降下剤を使う場合とインスリン注射を行うものが有ります。通常はこれらで適正な血糖値まで下げるように量が調整されているのですが、人体はいろいろな反応を示しますので、時として必要以上に血糖値を下げてしまうことがあり、低血糖の状態になってしまいます。特にインスリン注射の場合は効果てきめんですので注意が必要とされています。

低血糖になった場合の症状としては、まず血糖値が68mg/dLまで下がると通常は血糖値を上げるためのホルモンが分泌されるようになりますが、糖尿病の場合にはこのホルモンの働きも低下していますので、さらに下がっていきます。53mg/dLになると自律神経に影響が出始め発汗、手足のふるえ、動悸などが見られるようになります。また血糖値が比較的ゆっくり下がっていく場合には頭痛も見られることが有ります。

48mg/dLまで下がってしまうと中枢神経にも影響が出て眠気、めまい、ろれつが回らないなどの症状が出始めます。さらに下がってしまうと低血糖昏睡を起こして意識を失うことになります。しかしこれらの症状には個人差があり、皆が同じような経過を辿ることは有りません。むしろ一人一人が違うパターンの症状を発症すると考えた方が妥当です。ですから一度低血糖を経験した場合は、自分のパターンを良く憶えておいて、次の時には低血糖を捉えられるようにしておきましょう。

もし低血糖の危険性を察知したら、すぐにブドウ糖を摂取する必要が有ります。持っていない場合は砂糖で代用します。ただし砂糖の効果は遅れがちになりますので、できれば糖尿病で薬物療法を受けている場合には、必ずブドウ糖を所持しておくことが重要です、ブドウ糖も砂糖も無いような状態では飴ということも考えられますが、吸収の早いブドウ糖がベストです。また意識に障害が出た場合の対処として家族や職場の同僚など身近な人に対処法を教えておき対処してもらうことも必要です。