皮膚合併症

糖尿病の皮膚合併症の病気にはどんなものが有るか

糖尿病には糖尿病が引き金となって全身に様々な合併症を発症します。特に有名なのが3大合併症と言われるものですが、この他にも血管合併症などは特に危険で有名です。しかし合併症はこれだけではなく皮膚に発症する様々な病気も有ります。これらは皮膚合併症としてまとめられており、皮膚合併症は糖尿病患者の約30%に見られます。糖尿病は内臓疾患だと考えている人は考えを改めて、合併症は体中に現れるものだと言うことを憶えておきましょう。

皮膚合併症で有名なものとしては、まずリポイド類壊死症があります。リポイド類壊死症は主に下腿に丸い形の大小さまざまな橙色の斑点ができ、たまに潰瘍化することがあります。糖尿病は自覚症状に乏しいため、糖尿病と気付かず、この斑点を皮膚科で診てもらって初めて糖尿病が判明することもそんなに珍しいことではありません。この症状は糖尿病による微小血管障害が原因と考えられていますが、未だに詳細については分かっていません。

次に糖尿病性浮腫性硬化症があります。糖尿病性浮腫性硬化症は首筋から肩にかけて皮膚が厚く硬くなり、これが拡大していき、肩こりや首の運動障害が伴うことが多いようです。硬くなった皮膚は摘むことが難しくなり、指圧痕が残らないことがしばしば特徴として挙げられます。症状の改善には糖尿病の改善がまず先決になります。

3つめは糖尿病での足の症状が挙げられます。糖尿病は神経障害があるため痛みを感じにくく、足をぶつけても痛みに気付かず、ぶつけ易く見落とし易い足では傷が出来てもそのまま気付かないこともあります。それでも通常はちょっとした傷などはすぐに治ってしまいますが、糖尿病では血管障害のため栄養が回らず傷がなかなか治らない場合があります。そのうちに傷が拡大して潰瘍になってしまうことがあり、壊疽を起こして切断が必要になることもあります。

さらに糖尿病の血管障害などで栄養がいきわたらず、細胞自体が弱ってしまい、様々な感染症に弱くなってしまうことがあります。例えば単なる水虫であっても、感染する機会は普通どおりですが、なかなか治らず広がっていくことも有りますし、皮膚カンジダ症、蜂巣織炎などの感染症への感染がよく報告されています。これらの感染症に感染した場合、血糖値が上昇してしまう場合も有り、糖尿病自体が悪化することも珍しく有りません。

この他、皮膚に関連する合併症としては環状肉芽腫、糖尿病性黄色腫、Dupuytren拘縮などが挙げられています。どんな合併症もそうですが症状が進んでしまうと、大変治りにくくなりますので、糖尿病自体を早期発見して合併症をおこさないようにする努力と、合併症を発症したとしても、軽度のうちに治療に入れるように気をつけておくことが重要です。

糖尿病の血管合併症の病気にはどんなものが有るか
糖尿病の下肢合併症の病気にはどんなものが有るか