糖尿病 自覚症状

糖尿病では進行しても自覚症状が無い場合があります

糖尿病に限らず多くの病気では発症したとしても初期には自覚症状をほとんど感じないものが少なく有りません。しかし多くのものは少し進行してくると何らかの自覚症状が出始め、病気を完治することが出来ます。ところが糖尿病は昏睡状態で病院に運ばれ緊急入院になるまで、分からなかったという人もいるほど自覚症状に乏しい病気です。また糖尿病に伴う合併症の症状が現れてよくよく調べてみると、そもそもの始まりが糖尿病だったということも珍しいことでは有りません。

糖尿病の場合の自覚症状としては、発症が分かってから良く考えてみると実は何らかの体の異変が起こっている場合が多いようです。先ずはじめは、疲れやすくなり、手足の痺れを感じたり、便秘になったりします。しかしこれ等は、誰でもたまに感じるようなもので、これだけで糖尿病を疑えと言うほうが無理です。少し進行すると次には喉の渇き、多飲・多尿、体重の減少、場合によってはこむら返りなどが現れはじめますが、これでもやはり余程意識していないと糖尿病とは思いません。

結局これ以上に進んでくると合併症のほうが現れ始めて、様々な症状が出てくるに及んで糖尿病が発覚するケースや、たまたま合併症の症状が見られず或いは放置し続けて、ついには冒頭のように昏睡状態になって運ばれ、悪くするとそのままあの世に行ってしまう事態にもなりかねません。糖尿病というのはこのように怖い病気なのです。こういう病気をサイレントキラーと言います。では自覚症状が無い中でどのように早期発見をすればよいのでしょうか。

糖尿病の場合、初期に発見できた例を調査してみると、健康診断で発見されるものと、他の病気の治療のための検査で偶然発見された場合が多いようです。すなわち、検査を通さなければなかなか発見には結びつかないということです。したがって糖尿病は今や国民病と言われるほど広がってしまいましたので、誰でも発症の可能性があるということを自覚して、できるだけ血糖値の検査を受ける機会を持つということが必要なのではないでしょうか。

この為には、まずは職場や自治体などで行われている定期健康診断は必ず受診する必要が有ります。また現在では生活習慣の乱れが子供にまで及んでいるため、子供が大人が罹るようなタイプの糖尿病を発症することも多くなっており、子供であっても学校で行われる尿検査を忘れるようなことが無いようにしてください。また少なくとも数年に1回は人間ドックに入るなりして、定期健康診断では行えないような検査も受けることを勧めます。