糖尿病 切断

糖尿病が進行すると足を切断することになる場合があります

糖尿病には様々な合併症がありますが、その中でも3大合併症と呼ばれる腎臓、神経、網膜に影響を与えるものがよく知られています。これらは体の末端にある微小血管に糖尿病の動脈硬化によって血液が到達しなくなってしまうことから発症するもので、この3つはすべて小血管障害に分類されます。これに対して心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などを起こすものを大血管障害として分類しています。糖尿病の治療は主にこうした怖い合併症の発症を防ぐために行われるものです。

小血管障害は微小血管にまで血流が到達しないような状態になっており、特に足は位置的な問題から血流が非常に悪くなってしまい、血液が回らず糖尿病性壊疽を起こすことがあります。この糖尿病性壊疽が広がっていくことを防ぐためには足を切断しなければなりません。また血液が回らないまでも量が少なくなるだけで白血球が減少するため、傷などにも弱くちょっとした傷が治らず、傷口から糖尿病性壊疽を起こすことも有ります。

これを防ぐためには、サボる事無く医師の指示した食事療法や運動療法といった糖尿病の治療を行うことが大切になります。血糖値を下げ、動脈硬化が進んでしまうリスクを軽減することが重要です。また傷や虫刺されなどを監視し早めに確実に直すこと、また傷などを負わないように足を保護したりするフットケアと呼ばれる日々の治療が必要になります。足を切断しなければならないことを考えてみてください。食事療法や運動療法、フットケアがどれだけ楽なものか良く理解できると思います。

このように切断しなければならないほどの血管障害を生み出さないためには、なんと言っても早期発見が重要な鍵になります。進行度が初期であれば、膵臓機能もまだかなり回復可能だと考えられますので、これを維持することができます。とにかく発症が確認されたら、自覚症状が無かったとしても、深刻な病気なのだと言うことを自覚して、苦しいとは思いますが治療に励むことが必要です。まちがっても放置などしていてはいけません。

従来糖尿病性壊疽を起こすと足を切断しなければなりませんでしたが、最近ではインターベーション手術と呼ばれる詰まった血管を広げる手術方法が確立され、切断を免れるケースが出てきています。ですからもう諦めたと言うような糖尿病患者の場合でも、足に異常を感じたらできるだけ早く病院に行って診察を受けてください。切らなければならなかった足を守ることができる可能性があります。どんな状況でも最後まで諦める必要は無いのです。