血糖値コントロール

糖尿病の治療の目的は血糖値のコントロールにあります

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度である血糖値が普通の人よりも異常に高くなる病気ですが、糖尿病自体はそれ以上の悪さがあるわけでは有りません。しかしこの高血糖の状態を放置すると、様々な合併症を引き起こして、場合によっては致命傷になってしまう場合も珍しく有りません。したがって糖尿病の治療というのは糖尿病そのものを治すと言うことではなく、何とかしてこの合併症の発症を押さえ込むために行われていると言っても間違いでは有りません。

このためすべての合併症の根本的な原因である高血糖状態をコントロールして一定値内に押さえ込むことが糖尿病治療の目的と言うことになります。そのためにはまず何故血糖値が異常な値を示すことになるのかと言うことを調べる必要が有ります。これはまず摂取カロリーが消費カロリーを上回ることから始まります。この場合、余分なカロリーは脂肪の形で細胞内に蓄積されます。これが進むと細胞は脂肪細胞と呼ばれるようになります。

こうなると細胞はインスリン抵抗性と呼ばれるインスリンの血液中のブドウ糖を細胞内に取り込ませる機能を弱らせるように働きます。このため血中にブドウ糖が溜まり出します。この状態が糖尿病の始まりである隠れ糖尿病の状態です。こうして血中にブドウ糖が多くなってくると、膵臓のβ細胞に対してブドウ糖を処理するためのインスリンの増産が指示されます。しかし増産されてもインスリン抵抗性のためにインスリンの効き目は低いままになります。

このためβ細胞は徐々に疲弊していき、インスリンの生産能力が落ちてきます。こうして血中のインスリンが減っていくことになります。この状態が境界型糖尿病です。さらにこの状態が続くとβ細胞は死滅して行き、インスリンは徐々に生産できなくなって糖尿病となります。そこで治療としては死滅したものは戻りませんから、残ったβ細胞に見合ったブドウ糖量にするため摂取カロリーを減らし、消費カロリーを増やします。これが食事療法と運動療法です。

β細胞が少なくこれだけでは血糖値のコントロールが出来なくなった場合には、今度は薬剤を使って血糖値を強制的に下げる方法を取ります。最終的には注射で不足するインスリンを補充する治療法をとって血糖値を安定させることも有ります。このように何段階かの治療で血糖値のコントロールを行います。しかし、薬物を使わなければならない頃には多かれ少なかれ合併症は出てきますので、血糖値のコントロールと共に、合併症が進行しないように治療をしなければなりません。