糖尿病 検査

糖尿病診断に用いられる各種検査

糖尿病に関連した検査は、血糖値関連、インスリン関連、脂質代謝関連、画像診断など多数あります。糖尿病の診断だけであれば血糖値関連の検査で可能ですが、各々の病状や合併症について詳細に診て的確な治療を行うためには様々な検査が必要になります。

血糖値を測定する検査としては、空腹時血糖値検査や随時血糖値検査などの血糖値検査、過去1ヶ月~2ヶ月の血糖値の状態を診るヘモグロビンA1c(HbA1c)検査があります。糖尿病の診断は通常この2つの検査の値から行われます。従来は血液検査としては空腹時が多かったのですが、最近では隠れ糖尿病と言われるものが注目されてきており、この場合空腹時血糖値検査では分からないため、随時血糖値検査として食後の血糖値の変化などを診る場合も有ります。

インスリン関連の検査としては、まずインスリンの分泌能力を表すインスリン分泌指数を計る75g経口ブドウ糖負荷試験、血中Cペプチド検査、尿中Cペプチド検査、グルカゴン負荷試験などがあります。次にインスリンの効きやすさを示すインスリン抵抗性を計る検査としては、やはり75g経口ブドウ糖負荷試験、血中インスリン検査、HOMA-R 検査、グルコースクランプ法検査があります。ただし75g経口ブドウ糖負荷試験は血糖値の高い人にさらに負荷をかけることになるため最近では行われなくなっています。

脂質代謝関連の検査としてはケトン体検査があります。インスリン不足で、ブドウ糖が利用できなくなった時の、脂肪をエネルギーに利用とする場合に生成されるアセト酢酸、3-ヒドロキシ酪酸、アセトンをケトン体と言い、この量を尿検査や血液検査で測定します。1型糖尿病の場合この検査を行うことによりインスリンの不足の有無がわかりインスリン注射の要不要を判断できます。

画像診断は主に合併症の診断に用いられ、たとえば糖尿病性網膜症を診断するために行われるのが眼底検査で、糖尿病発症後20年で1型で100%、2型で60%が糖尿病性網膜症を発症するため、定期的に眼底検査を行う必要があります。また糖尿病性腎症の診断には腎臓の変形を診断するための超音波検査が行われます。

このほかにも、様々な検査が行われて、新しい検査の導入も進んでいます。検査を有効に利用するためには定期的に受診して変化を記録していくことが重要です。毎年定期健康診断を受けて血液検査を行っていれば、たとえ糖尿病を発症してしまったとしても、早期に発見することができますので、早いうちに治療を行えば合併症などを発症してしまう前に血糖値のコントロールができるようになります。健康診断を受けたことが無いという人は今年からでも受けるようにしてください。